スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーリンク


-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告 |   記事の編集】 

井原市 芳井町 天神峡の滝

天神峡の滝は、井原市の旧芳井町の県道9号線沿いにある天神峡という紅葉の名所のすぐ南の県道沿いに落ちている。落差は約10m、普段の水量は少ないく、いわゆる「白糸の滝」という名前が似合うような滝です。

場所は県道沿いなのですが、南の井原市内から行くとちょっと確認しづらいです。普通に走っていては見えません。通り過ぎて左斜め後ろを見やると一瞬見えます。天神峡には赤い橋がありまして、その橋の約500m程度手前になりますか。「天神峡」という碑が県道の西側にありまして、これが目印です。その碑の隣にひっそりと落ちています。

IMG_0006_1200.jpg
2012.7.12 : Canon EOS 5Dmark2 / Canon EF 24-105mm F4L IS USM


スポンサーサイト

スポンサーリンク


2015-07-24 00:01 | カテゴリ: 滝、渓流 |     コメント(0) 記事の編集】 

井原市 芳井町 竜頭の滝

龍頭の滝は、道路地図にも掲載されている滝ですが、どうやら水量は非常に難がある滝です。

これまで気にしていなかったのですが、今回ちょっと調査してみました。
結論から言うと上段の滝とされる落差20~30mの滝と10m程度の下の滝に分かれて存在しているようです。しかし予想通り普段は水量がほとんどありません。おまけにメインの上段の滝は木が茂っていて国道からは見えません。下段の滝は私有地と思しき砂利道を200mほど歩かせてもらえば見ることが出来ます。今回掲載したのはその下段の滝の様子です。

IMG_3968_1200.jpg
2012.7.19 : Canon EOS 60D / Tamron SP AF17-50mm F2.8 (A16)



井原市 旧芳井町の国道313線沿いで、Yahooの地図にも記載されてすので下段の滝の場所はすぐ分るでしょう。

さてメインの上段の滝ですが、下段の滝の脇から道なきヤブの中を進んでいくと滝の真下に出られます。標高にして約50mほどよじ登れば出会えるようです。また対岸の山を少し登れば以前は木の間から見えていたようです。さらに山を車で500mほど登っていけばヘヤピンのコーナーに「竜頭が滝」との小さな立て看板があり、ここから小川のほうに少し歩いていけば上段の滝の落ち口に行けます。

この落ち口までは行ってみましたが、水量が少なくて撮影する気分にはなりませんでした。そしてこの上段は水が少ないのが幸いしてか、真冬には凍りつくこともあるそうです。岩肌全体ではなく部分的に凍るという話ですが、冬は下草もなくなり多少は登り易いでしょうからまた折を見て行ってみようかと思います。


スポンサーリンク


2015-07-03 11:12 | カテゴリ: 滝、渓流 |     コメント(2) 記事の編集】 
月額972円(税込)からLTE高速通信が使える「OCN モバイル ONE」登場

グレーチャート
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。