スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーリンク


-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告 |   記事の編集】 

岡山県 奈義町 滝山登山道駐車場への道は封鎖されました

IMG_3304_1200_20161206234634197.jpg



奈義町の滝山登山道への駐車場に至るオフロードの道は、フェンスに施錠がされていて駐車場に到達できないという情報を頂きました。

奈義町役場に確認しましたところ、2016年10月からということですが、どうやら本当のようです。したがって滝山登山道への駐車場へ行くことは出来なくなりました。ということは、滝山の滝に行くためには那岐山の山頂から滝山山頂まで縦走して、そこから滝まで降りてこなくてはいけません。
所要時間は、私の実績から試算すると滝まで行って帰るのは、歩くだけで8時間はかかりそうです(那岐山第三駐車場~那岐山~滝山頂上の往復が6時間でした)。


上の案内板は11月4日に撮影した那岐山登山口にあったものです。この時点では訂正がなされていません。さらに、観光協会の奈義観光 pdf などの訂正や、役場HPでのお知らせなどはありません。那岐池の傍に案内板を立てたとか、那岐山の山頂に案内を置いているとかおっしゃっていましたが、ちょっと。。。


map_takiyama.jpg


そもそも滝山駐車場まで行くためには、自衛隊の演習地を突っ切らないといけません。上のマップでグレーのところが自衛隊の演習地だと思われます。演習地の入口にはフェンスはあるのですが、演習のないときは好意で施錠されていませんでした。しかし、とうとう施錠されてしまったようです。

その理由の一つは、道に迷って演習地の中をうろうろしてしまう人が多いということのようです。確かに一旦演習地に入ってしまうと樹海のような感じなのか、道はさっぱりわからなくなりますので、迷ってしまう人が多いというのはうなづけます。

わたしもこのときはちょっとやばかったです。
http://cantam.exblog.jp/15148496/


DSCF2727_0600.jpg



スポンサーサイト

スポンサーリンク


2016-12-07 00:11 | カテゴリ:未分類 |     コメント(4) 記事の編集】 

岡山市 新庄山~大山 小鳥の森一周

2時間程度のトレーニングコースを探して小鳥の森(三徳園)を一回りして来ました。上道公民館のそばの打ちっぱなし(小鳥の森ゴルフパーク )の南から新庄山に直登し、そこから尾根を縦走し、馬路山、大平山、大山を経由して、上道中学校教職員駐車場に出てくるコースです。これで約110分~120分です。新庄山から馬路山に登らずそのまま小鳥の森に下りてくるコース(下のマップで言うと水色のコース)だと50分~60分かかります。

10年ほど前にも歩いたことがあるのですが、そのときよりも道はわかり易くなっていました。あまりたくさんの人が歩き回っているコースではないでしょうから、どなたかが整備してくれているのでしょう。また10年前は登りのたびにフラフラになっておりましたが、本日は普通に歩いて写真も撮って110分、飲んだ水は150ml、食べたものはカロリーメイト1個、最後まで足は動いてくれました。


ルートはこんな感じ(クリックで拡大)

map20161102_1200.jpg



タイムチャートはこんな感じ

登山口(14:22) ⇒ (14:34)新庄山頂上 ⇒ (14:45)高尾展望台(14:47) ⇒ (15:07)明王寺分岐 ⇒ (15:18)馬路山頂上 ⇒ (15:31)大平山頂上 ⇒ (15:39)三村辻(15:44) ⇒ (15:52)大山頂上 ⇒ (15:59)北見台(16:04) ⇒ (16:12)登山口

総距離=約3900m、時速2kmで約2時間


2016.11.2 (晴れ)



IMG_3139_0600.jpg
14:22 打ちっぱなしの南側にある新庄山登山口、兼、石鉄神社の参道入口の鳥居



IMG_3154_0600.jpg
14:34 新庄山の頂上に到着しました。

ここは宇喜多直家が岡山城に入城する前の前に居城していた新庄山城(奈良部城)跡であり、そこには現在石鉄神社が建立されています。また東側には約30mの絶壁があり、懸垂下降の練習場として利用させてもらっていました。エイトカンを利用した懸垂下降やロープワークの練習には適当な絶壁です。



IMG_3157_0600_20161102211450302.jpg
14:45 北側を眺望できる高尾展望台に寄りました。



IMG_3158_1200.jpg
14:45 北側、平島交差点から北の瀬戸町方面を眺望できます。東西に伸びる新幹線の高架がよく見えています。(クリックで拡大)



IMG_3162_0600.jpg
14:47 ささやかながらも小さな東屋があります。



IMG_3165_0600.jpg
15:07 明王寺の分岐まで来ました。このまま下れば、小鳥の森の出ます(マップの水色の線)。



IMG_3167_0600.jpg
15:09 明王寺分岐の道標の左には土俵があります。ここで相撲をとっているのを見たことは無いのですが、土俵だと聞かされたことがあります。柱が1本なくなっていました。



IMG_3174_0600.jpg
15:15 馬路山への稜線の岩場です。初心者向けで、歩きやすいです。この稜線からは熊山頂上の展望台が肉眼で確認できます。



IMG_3175_0600.jpg
15:18 馬路山頂上に到着しました。10年前はフラフラでしたが、今は全く問題なくさくさく歩けました。



IMG_3177_0600.jpg
15:18 馬路山頂上周辺は、三色のテープが張り巡らされていました。意味はよく分らないのですが、こんな感じです。



IMG_3181_1200.jpg
15:25 馬路山から大平山の道中で得られた眺望。一番奥の山が熊山、赤白の鉄塔があるのが経盛山、その右のほうに辛うじて展望台が確認できます。(クリックで拡大)



IMG_3183_0600_20161102213401815.jpg
15:31 大平山頂上に到着。眺望は得られません。



IMG_3188_0600.jpg
15:40 鞍部の三村辻に到着。まっすぐ進めば大山、左に行けば城東台南の裏山に出ます。ここで小休憩。



IMG_3189_0600.jpg
15:52 急斜面を登って大山に到着。



IMG_3190_0600.jpg
15:59 北見台に到着。ここからは、北と東の眺望が得られます。このコース一番の展望所でしょう。



IMG_3192_1200.jpg
16:00 北方向の眺望。(クリックで拡大)



IMG_3191_1200_201611022134446ff.jpg
16:00 東方向の眺望。(クリックで拡大)



IMG_3194_1200.jpg
16:00 眼下の小鳥の森と向かいは新庄山。(クリックで拡大)



IMG_3199_0600.jpg
16:12 松の小道を通り、中学校教職員駐車場の片隅にある登山口まで降りてきました。



IMG_3200_0600.jpg
16:15 駐車場まで戻ってきました。



IMG_3187_1200.jpg
三村辻にあったコースの概要図。よくできていると思います。タイトルの「じょうとう」は、城東ではなくたぶん上道です。今は全て岡山市に合併された旧上道郡ですが、最後の合併になったのが小鳥の森周辺を中心とする上道町でした。国道2号となっているのは、現在の国道250号線のことです。(クリックで拡大)




蛇足ではありますが、この一帯は「三徳園」とも「小鳥の森」とも呼ばれます。厳密なことは気にしていませんが、三徳園は平地の部分、小鳥の森は森の中の遊歩道及び小鳥が住む森一帯を指すものと理解しています。私にとっては「小鳥の森」と呼ぶほうがなじみ深いです。
三徳園と小鳥の森は1968年に同時開園ということらしいですが、三徳園のことはまったく知りません。小鳥の森は子供たちが作った小鳥用の巣箱を森の中にかけ、常陸宮妃殿下をお迎えして第22回愛鳥週間「野鳥保護のつどい」を記念して開園式典がありましたのを記憶しています。もちろん私も巣箱は作りましたし、母親が常陸宮妃殿下に会うために野次馬として式典に行きました。私にとってはただひたすらトレーニングの森でした。


IMG_3145_0600.jpg
あまり有名ではないかもしれませんが、常陸宮妃殿下記念御植樹の碑があります。


IMG_3144_0600.jpg
こちらが式典のあった会場です。我が家にはそのときの写真が残っています。


スポンサーリンク


2016-11-02 22:33 | カテゴリ: 山、森林 |     コメント(0) 記事の編集】 
月額972円(税込)からLTE高速通信が使える「OCN モバイル ONE」登場

グレーチャート
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。