笠岡市 遍照寺 多宝塔

IMG_4648_1200.jpg
2012.10.24 : Canon EOS 60D / Canon EF-S 18-135mm F3.5-5.6 IS



岡山の塔シリーズです、笠岡市の遍照寺の多宝塔です。この塔は笠岡市の中心地にありまして回りはマンションなどがあり、決して風情のあるロケーションではありません。遍照寺というお寺は区画整理で市内の南の海際のほうへ移転したらしいです。中央町という地名からして、区画整理という事もあるのでしょう。しかしながら付随するこの多宝塔はイチョウの木とともに保存され、イチョウ公園として親しまれているようです。学校帰りの高校生がベンチに座ってしっかり親しんでいました。

塔は1606年の建立ということで、県下最古の多宝塔ということです。何度かの改修は施されているでしょうけどかなり年季の入ったものだというのは素人目にも感じました。イチョウの木も相当古いものだそうですが、塔ほどの年季は感じませんでした。


スポンサーリンク


2012-11-08 00:23 | カテゴリ: 寺社仏閣、史跡 他 |     コメント(0) 記事の編集】 

福山鋼管の夜景

IMG_4699_1200.jpg
2012.10.24 : Canon EOS 60D / Canon EF-S 55-250mm F4-5.6 IS



鋼管といえば福山鋼管、社名に地名が付きますし、行政区名も福山市鋼管町ですし、国道二号線からかなり目立ちまして通りすがりの者でも目に入らないわけがない、それが福山鋼管です。
ですが、正式にはJFEスチール 西日本製鉄所 福山工場 というらしいです。そして岡山県内にも倉敷工場があるようですが、そんなの知りませんでした。実は川崎製鉄と日本鋼管とが統合されてJFEという社名になったらしいですね、全く知りませんでした。倉敷水島の川鉄なら知ってます、知り合いも務めています。でも私ら庶民にとっては福山鋼管と川鉄です、でないと伝わりません (^^;、

で、この鋼管を笠岡の神島(こうじま)という、干拓で陸続きになってしまった小島の中腹から撮ってきました。おそらく光の数は減ってきているのでしょうけど、なかなか圧巻です。倉敷水島コンビナートの夜景も見事なのですが、撮影場所が鷲羽山スカイラインの路肩の狭い路上からなので、かなり危険です。これに引き換え、こちらの撮影場所は神島北側の中腹の防火林道の路上ではありますが、車一台とおりません。

神島はピークが二つあって、ちょっとしたひょっこりひょうたん島です。東のピークは270mの竜王山、頂上までの車道はありません。西のピークは300mの栂の丸山、頂上には鉄塔がたくさんあってそこまでの車道があります。期待して登ったのですが、眺望はダメです。鉄塔によじ登ればいいのかもしれませんが、反則です。車の両サイドがキズまみれになってしまったというお土産以外は何の収穫もありませんでした。気分はかなり凹んでます。

写真では手前のほうに池のようなものがあって、その右にゴルフ場(リンクス風の瀬戸内ゴルフクラブ)があります。池の向こうに工場があります。おそらくここまでは岡山県笠岡市のはずです。そして海の入江があってその向こうが福山市になるはずです。そしてどちらの工場も鋼管でして(もっと左奥まで続いています)、県は違いますがどちらも鋼管町です。笠岡市鋼管町、福山市鋼管町、どちらも存在します。一つの町名が県をまたいでいるという形になっている、それほどまでに常識ハズレの大規模な工場という風に考えていいのかと思います。



スポンサーリンク


2012-11-06 00:26 | カテゴリ: 俯瞰景観・夜景 |     コメント(0) 記事の編集】 
月額972円(税込)からLTE高速通信が使える「OCN モバイル ONE」登場

グレーチャート