岡山県 鏡野町 へこくら淵

IMG_5053_1200.jpg
2015.11.19 : Canon EOS 60D / Canon EF-S 10-22mm F3.5-4.5 USM


へこくら淵というのは私が勝手につけさせてもらった名前です。「へこくら」という地名からです。

実は国土地理院のマップにはこの位置に滝のマークがあります。このあたりを通ったとき該当する位置を何度か確認したのですが、特別滝のような地形は確認できませんでした。今回は「探すぞ」という気持ちで立ち寄りました。すると、ドンピシャその位置には少し白波が立つ程度の川底ですが、50mほど上流には水流が絞られて勢いよく流れる段差と、広く綺麗な穏やかな淵がありました。香々美川本流にありますので、水量は十分です。さらにこの淵の右岸へは支流がなだらかに落ちてきています。

この淵は一見の価値がありそうなのと、ロケーションが県道沿いで車を停められるスペースもあるし、川床へ降りていく道もあるしということで、地名から「へこくら淵」として紹介することにしました。

どうやらこのあたりは「中の瀬渓流」とも呼ばれ、元々は「岩美の滝」「中の瀬の滝」といわれる人工の構築物があったようなのですが、現在は崩壊してしまったということです。


IMG_5057_1200.jpg
2015.11.19 : Canon EOS 60D / Canon EF-S 10-22mm F3.5-4.5 USM



IMG_5070_1200.jpg
2015.11.19 : Canon EOS 60D / Canon EF-S 10-22mm F3.5-4.5 USM


アクセスは、国道179号線から越畑を目指して県道392号線~75号線を進みます。大町と岩屋の間のへこくらにあります。南から行くと、県道の左側なのですぐに分ると思います。


スポンサーリンク


2015-12-04 00:01 | カテゴリ: 滝、渓流 |     コメント(0) 記事の編集】 

岡山県 鏡野町 寺ヶ谷の滝

IMG_4993_1200.jpg
2015.11.19 : Canon EOS 60D / Canon EF-S 10-22mm F3.5-4.5 USM


寺ヶ谷の滝は二度目です。滝そのものは30mの落差に満足は出来たのですが、前回のときは水量に満足が出来なかったので再訪しました。滝撮影では、一般に新緑の季節とか紅葉に合わせてとか、そのようなことが多いとは思います。それはそれでいいと思うのですが、自分の場合は落差と水量に満足できれば、その他の付帯要素は比較的重要視していません。さらにはアクセスが厳しいと思われる場所は、初回は水量の少ない時期でもいいから一度行ってみておきたいという気持ちがあります。

とにかく初物に弱い心配性なので、初めての場所は非常に心細いしうろたえます。2回目以降であれば、甘く見るわけではないですがまあなんとか人並みの安心感で行くことができると思います。

ということでやってきた二度目の寺ヶ谷の滝ですが、水量はこれ以上を求めてはいけないようなので納得しました。しかしながら、向かって左手前の雑草などは非常に邪魔で、この滝は岩肌がむき出しになった無骨な滝姿のほうが似合うような気がしています。


IMG_4999_1200.jpg
2015.11.19 : Canon EOS 60D / Canon EF-S 10-22mm F3.5-4.5 USM



IMG_5011_1200.jpg
2015.11.19 : Canon EOS 60D / Canon EF-S 10-22mm F3.5-4.5 USM



水量が満足できないで再訪したい滝はほかにもいくつかあります。若桜町の若浪川、滝山の滝3本、備前の日暮の滝、備中町の用瀬の滝、成羽の不動滝、ほかにもいくつかありますが優先順位の高い滝は列挙したあたりです。


さて寺ヶ谷の滝の本滝までは谷沿いの山道を歩いていくわけですが、その道中にはめぼしい滝がいくつかあります。下流の一の滝から三の滝までは立派な滝らしい滝があります。前回来たときは遠めに見ただけでしたが、今回はさほど困難とは思えなかったのでついでに撮影して来ました。


上流から順に、まず本滝の下流の三の滝は落差7m。この滝が見えたら本滝まではもうすぐです。

IMG_5018_1200_201511251923100cb.jpg
2015.11.19 : Canon EOS 60D / Tamron SP AF17-50mm F2.8 (A16)



三の滝のすぐ下流にある二の滝。二段で10m、途中にある細長い滝壺が特徴的。

IMG_5030_1200_20151125192313e37.jpg
2015.11.19 : Canon EOS 60D / Tamron SP AF17-50mm F2.8 (A16)


IMG_5027_1200_201511251923121a4.jpg
2015.11.19 : Canon EOS 60D / Tamron SP AF17-50mm F2.8 (A16)



一番下流の一の滝、二段で総落差20mほどです。これだけでも十分立派な滝で、一見の価値ありです。

IMG_5047_1200_20151125192316d99.jpg
2015.11.19 : Canon EOS 60D / Canon EF-S 10-22mm F3.5-4.5 USM


IMG_5034_1200.jpg
2015.11.19 : Canon EOS 60D / Tamron SP AF17-50mm F2.8 (A16)



スポンサーリンク


2015-12-03 00:01 | カテゴリ: 滝、渓流 |     コメント(0) 記事の編集】 
月額972円(税込)からLTE高速通信が使える「OCN モバイル ONE」登場

グレーチャート