スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーリンク


-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告 |   記事の編集】 

ザックの中、カメラやスマホの防水対策

防水対策といえば多少大げさですが、担いだザックの中には水気にはからきし弱い電子機器が入っています。そこへ、濡れたタオルやソックス、チェーンスパイクなどを無造作に収納すはちょっと気が引けます。だからと言って高価な防水パックを入手する気にもなれません。

そんな時は巷で人気のジップロックを活用したいものですね。
ということで、自宅の台所をひっくり返したところありました。大和物産のフリーザーパックというもの(1枚目の写真の中段のもの)。愚妻によれば「数年前に何かのイベントで仕方なく買ったが、今後使うつもりはない」とのことで、数枚残っていたフリーザーパックを全部頂戴しました。厚み0.07mmで、サイズは22*18mmです。これが非常に気に入りまして、追加購入しようと思ったのですがどこの店を探しても同じものがありません。ネットでは送料込みだと1000円もします。そりゃあんまりということで、旭化成の元祖ジップロックを入手しました。

ところがこのジップロック、ちょっと前までは絶賛を浴びていたようなのですが、最近仕様変更(コストダウン)があって、新仕様のものは評判がよくありません。そんなに値が張る品物でもないので目を瞑ってamazonで購入しました。

0.07mm厚から0.06mmに変更されたとされる厚みの仕様変更がそんなに使い勝手に影響を及ぼすとは思いませんでしたが、実際に使ってみた印象は使い物にならないというものでした。
何が問題かというとサイドの部分がすぐ破れます。開け口は二重ロックですのでしっかりしていますが、それに引換え横の部分が弱くてロックをあけようとすると破れる頻度が高いです。さらに真空パックにしておいたつもりが翌朝には空気が入ってしまっています。これじゃ、これにiPhoneを入れて風呂で使おうという気にはなれないですね。さらに愚妻にもらったフリーザーパックに比べサイズが2cmほど小さくて微妙に使い勝手はよくありません。

ということで、近所の店で片っ端から買ってきて調べてみることにしました。
どこでいくらで買ったのか正確には思い出せないのですが、全部で6種類集まりました。大体一箱15~20枚入りで100円前後です。まあ安いです。


IMG_5787_0600.jpg



IMG_5789_0600.jpg


上の写真の中段が私が欲しいものです。持ち帰ってから気づいたのですが、上の写真に写っている上段と中段の二つ、なんとなく裏を見返してみると下の写真のようになっています。あわててしまって、上下が反転しています。


IMG_5790_0600.jpg


この裏面の写真、上が元々ウチにあったもの、下が新規に買ったもの。たぶんSNの12・・・が2012年製造、15・・・が2015年製造のものではないかと思います。裏面の印刷は見事に一致し、発売元もほぼ同じ所在地です。これはもしや中身は同じものではないかと思いまして、どきどきしながら開封すると、ハイ、全く同じものでした。
しかし、厚みが手で触って分る程度に違います。鈍感な愚妻でも一発で判別つくくらい違います。よく見てみたら箱に書かれた厚みは0.07mmから0.06mmに変更されていました。新しいほうは間違いなく薄くなってしまっていました。薄くはなっていても、ジップロックよりは延性がありそうだし、横側が簡単に破れそうにもないので、しぶしぶですがたぶんこれを使うことになるのかなと思います。


ちなみに二枚目の写真に写っている製品ですが、上から、
・素材のおいしさそのままに・・・
これは袋の表面になにも印刷されていない完全に透明の袋なので、地図などを二つ折りにして入れておくには好都合です。厚みは、感覚ですが、ジップロックよりはやや厚い。ロックの強さは、ジップロックよりやや弱いと思いました。

・冷凍~電子レンジ解凍用・・・
これはジップロックよりも明らかに厚い、ロックの強さはジップロックよりやや弱いと思いました。

・大黒様の・・・
ジップロックよりも厚いですが、ロックがシングルなので私の使用目的からすると完全に対象外です。たぶんすぐ捨てると思います。

あとは伸び(延性)について、中に入れるものがタオルとか靴下のようなものの場合はさほど気にしなくてもいいのですが、チェーンスパイクのような金属物など硬いものの場合、多少は伸びてくれないとすぐに破けてしまいます。ジップロックはすぐに穴が開いてしまいましたので、防水目的で電子機器を入れることはしないほうがよいです。ただ、この旭化成のジップロックは、田中陽希さんもアイゼンを入れるのに使っていましたので、そのくらいのラフなものには使えるのかもしれません。

サイズは、上の3種とジップロックはほぼ同じです。

ということで結論として、大和物産の0.07mmの製品の代わりにライフクリエイトの0.06mmの製品を使うことにします。「素材のおいしさそのままに・・・」のフリーザーバッグ(プラテック社製)は、せっかく買ったのだからマップ入れに使用します。その他のものは、はっきりいって私には不用ということになります。



しかしですね、正直なところ下のような防水ボックスを使うのが正味だと思います。




スポンサーサイト

スポンサーリンク


2016-02-01 00:20 | カテゴリ:散財日記・お試し記録 |     コメント(2) 記事の編集】 

バッグは安くて軽いのがいい

最近思いますのは機材が重い、滝を撮りに行くのにカメラとレンズと三脚、それに自分の体をお山の上に担ぎ上げるのは結構辛い、と感じることが多くなってしまいました。

これを解決するには、行かなきゃ済むだろうというのが愚妻からの提案です。まあもっともな話ですが、こいつと一緒に遊びに行くのは楽しくないと悟りました。次なる案は、自ら足腰を鍛えながら減量をすること。ここ4ヶ月くらいで、毎日インスタントラーメンを欠かさず食い続けながらもなんとか約4kgの減量ができました。あと5~6kg、さらなる減量に勤しむ所存です。最後の案は機材の減量、いつぞやは「5Dフルサイズのシステムで行けないようなところへは行かない」と思っていたのですが、これはムリですね。ということで、最近はレンズもキットレンズに代えて、三脚も自由雲台にしてささやかなる軽量化をしております。

さらなる運搬のしやすさを求めて、機材をひとまとめにして登山ザックに放り込んで担ぐということを考えています。
登山用のザックに撮影機材を放り込むためには、重厚なペリカンのトランクを使われる方が多いそうです。私の身の回りにはそんな人はいないというか、聞いたこともないメーカーでしたので調べて見ましたところ、軍用にも使われるようなトランクです。雨が降ろうが、池に落とそうが、ひっくり返ろうが、崖から落とそうが、まず壊れることがないだろうトランクは少々オーバースペックです。

ということで、まずは手持の ドンケ F-3x に一式詰め込んでみました。余裕で収納可能です。崖から落としてしまえばダメでしょうが、雨であればビニールのゴミ袋に入れてしのぐことはできるでしょう、。しかしこのドンケというバッグは良くも悪くもグニャグニャで、肩からぶら下げた時に体にはフィットしていい感じなのですが、ザックの中に放り込むには適当ではありません。その上案外重い。

ということで、手持の使っていないものをいくつか処分して60DとEFS18-55が収納できるものを調達しました。60DをEFS18-55付きで収納するには ロープロ レゾ TLZ20 が最適です。こいつはチャックでははなくバックル留めになっているのがよいところです。そしてこのバッグの重量は300gです。カメラとレンズを入れると1300gとなります。重いですね~

IMG_5685_0480.jpg


ちなみに5DとEF24-105を収納するには Lowepro ホルスター TLZ 50 AWが最適です。



実際には交換レンズがあと2本、フィルターや予備バッテリーなども必要です。それらを一式放り込めて、軽くて丈夫なバッグを探しましたらエツミ フォトスショルダーミニがよさそうでした。もう一回り大きいサイズの製品もあるのですが、ねじ込めば60Dとレンズ3本(EFS10-22,EFS18-55,EFS55-250)を、フード付きで無理なく収納できます。バック単体で400g、全重量は2800g、三脚が1200g、全部で4kgとなります。
ちなみにこのバッグは、「使う人が本当に欲しいカメラバッグ」というコンセプトで企画されたものらしいです。個人的には「これはいい」と、直感的に思いましたね。外が黒で内部が赤、A&Aみたいでオシャレなのもいいです。シルバーのタイプは、内部が水色です。軽くて安くて使い易い、いうことなしですね。

IMG_5684_0600.jpg



IMG_5682_0600.jpg


さて問題はザックです、これについてはまた今度。



        



スポンサーリンク


2016-01-07 03:10 | カテゴリ:散財日記・お試し記録 |     コメント(4) 記事の編集】 
月額972円(税込)からLTE高速通信が使える「OCN モバイル ONE」登場

グレーチャート
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。