スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーリンク


-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告 |   記事の編集】 

美咲町 鮎返滝

IMG_1715_1200.jpg
2010.10.28 : Canon EOS 5Dmark2 / Canon EF 24-105mm F4L IS USM



IMG_1695_1200.jpg
2010.10.28 : Canon EOS 5Dmark2 / Canon EF 24-105mm F4L IS USM



IMG_1691_1200.jpg
2010.10.28 : Canon EOS 5Dmark2 / Canon EF 24-105mm F4L IS USM


鮎返滝は美咲町の江与味の林道増異にあるのですが、かなりわかりにくいです。

一枚目が本滝で、落差8mとされています。浄水場の裏にありましてかなりわかりにくいです。そしてしょぼいです。また二枚目、三枚目はその上流にあるナメ滝で、落差は15mとされていますが、何処から何処までが滝かよく分りません。

水量が十分にあればまた違った姿を見せてくれるのかもしれません。

スポンサーサイト

スポンサーリンク


2010-10-28 03:50 | カテゴリ: 滝、渓流 |     コメント(0) 記事の編集】 

岡山市 建部町 牲谷の雌雄滝

IMG_1672_1200.jpg
2010.10.28 : Canon EOS 5Dmark2 / Canon EF 24-105mm F4L IS USM



IMG_1676_1200.jpg
2010.10.28 : Canon EOS 5Dmark2 / Canon EF 24-105mm F4L IS USM


雌雄滝は建部町の志呂神社から久米南町に繋がる道沿いにあります。雌雄滝というからには、雄滝と雌滝の二本があります。下流にあるのが雌滝、上流にあるのが雄滝と呼ばれています。写真は雄滝だけです。

雄滝のほうは、車道から沢に入っていける案内がありますので、難なく正面から見ることができます。落差は8m程度ですが、なかなかイケメンの滝だと思いました。
雌滝の落差は15mの二段の滝です。沢の上流から落ち口までは行けますが、下流側から近づくのはかなり困難で、このときは道から眺めただけで退散しました。道から見えるとはいうもの、木や枝葉に邪魔されて、かすかに見えるだけです。


スポンサーリンク


2010-10-28 02:42 | カテゴリ: 滝、渓流 |     コメント(0) 記事の編集】 
月額972円(税込)からLTE高速通信が使える「OCN モバイル ONE」登場

グレーチャート
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。