スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーリンク


-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告 |   記事の編集】 

バンガード アップライズ45

一気室のバックパックでは、生活用品というか、撮影機材以外の用具が収納できないということで、二気室のバックを探す事にしました。そうはいってもフリップサイドの背面アクセスは諦めきれず、VANGURD UP-RISE45 にたどり着きました。二気室の上段はフリースペース、下段は機材スペースで背面アクセスの上に、速写性を考慮した側面アクセスも可能な逸品です。

IMG_1193_0480.jpg


ひところは、「5Dのシステムを持っていけないような場所には行かない」と思っていたこともあったのですが、なかなかそうもいかず、難儀なところは60Dをベースにした軽量システム(60D+(EFS18-135 or Tamron 18-50/F2.8)、EFS10-22、EFS55-250)を持ち出すようになりました。ということで、この UP-RISE45 は60Dシステム専用になっていまして、難儀な滝はたいていこのシステムで出向いています。またこのバッグは、日帰りトレッキングなら使えると思います。宿泊を伴うなら、完全に収納力不足ですが、人間の体力の問題もあって、当面はこのくらいでいいかとは思ってます。

欲を言えば、カメラ本体の側面取り出し機構はいらないから、ペットボトル用のネットにして欲しい。それと、フリースペースの容積が(機材スペースを削ってでも)もう少し欲しい。逆に言えばそれ以外に気に入らないところはないです。


◎ 機材収納レイアウトのバリエーション
バリエーションというのはあまりありません。
60D+(EFS18-135 or Tamron 18-50/F2.8)、EFS10-22、EFS55-250、機材はこれだけ収納できればOKです。あとはPL、NDなどのフィルター6枚、ブロアー、リモートスイッチなどの小物と、LEDライト2個。側面に1.5kgの三脚を装着するので、重量バランスがセンターに来るように収納の配置を考えます(写真は上下反対です、レンズ二本はバッグの底側に収納しています)。
IMG_1198_0600.jpg


また機材室の収納は、マチを広げて容積を拡大することが可能です。結果として、15cmくらいの長さのレンズも楽に収納できるようになります。個人的には使用することはないでしょう。


◎ フリースペース
薄めのウインドブレーカー、ペットボトル、場合によっては10mのお助けロープセット、登山用方位磁石、ホイッスル、熊鈴、マーキング用のテープ、こんなものを収納しています。仕方がないので、ペットボトルもここに収納します。
容積は下の写真を参考にしてください。レンズは全長20cmの EF70-200/F4L です。
IMG_1202_0600.jpg



◎ 三脚の装着
側面に、ベルボン シェルパ445Ⅱを装着しています。ちょっと重いですが、この位でないと現場で使いにくいです。実感です。


◎ その他
この UP-RISE45 は、フリップサイドに比べて剛性が高いです。型崩れしませんし、自力で立ちます。剛性が高いので、背負った時、背中の通気性はよいのですが、体へのフィット感はいまひとつです。どちらがよいとは一概に言えませんが、それぞれ個性は感じます。
剛性が高いのは、側面アクセスを前提にしているという事情もあるように思います。側面アクセスが出来るバッグは、カメラを取り出してしまうと全体の剛性がかなり弱まります。この状態で背負って移動すると、バッグの中でレンズが転がりだすこともありました。

側面取出しは、個人的にはあまり必要としていないのですが、いざ使おうと思っても、あまり使いやすいものではありません。60Dくらいでも、出し入れ口が狭くて取り出しにくいです。

ベルト類は結構しっかりしています。ショルダーベルト、チェストベルトは文句なしです。ウェストベルトはもう少し太くてもいいかなぁ。


AWのレインカバーが付属されているのはありがたいです。

背中大きくタテにチャックがありますが、これを開けるといくらが収納が可能です。基本的に薄いものしか入りません。

総じて、日帰りトレッキングではかなり使い勝手のよいバッグだと思います。

追記)
現在では上記の製品は旧型となり Up-Rise 45 Ⅱが発売されています。大きな違いは、上下2気室ではなくなり一気室となり、全て背面からのアクセスになったことです。こうすることで、機材の収納量は増えましたが、上段に機材以外のロープなどの汚れ物を収納するのは躊躇われるようになりました。旧型でも完全に上下分離ではなく、内部では貫通しているのですが取り出し口が反対側なので2気室としての使い勝手が良いです。私の目的からすると、改悪という結果になってしまいました。


IMG_1197_0480.jpg


ちなみに黄色のビニールテープは、マーキング用のテープ、緑の紐はスリングとカラビナです。










        


スポンサーサイト

スポンサーリンク


2013-12-31 07:43 | カテゴリ:散財日記・お試し記録 |     コメント(0) 記事の編集】 

ロープロ フリップサイド 400AW / 300

現在使用しているバッグは主に二つあります。一気室の LowePro FlipSide 400AW、二気室の VANGUARD UP-RISE45 という、どちらもバックパックです。

スナップ写真を撮っていた頃はメッセンジャーバッグというのかショルダーバッグというのか、そのタイプが好きでした。DONKE F-3x がお気に入りでした。
いつのころからか三脚を使う写真(撮影目的が予め決まっていて、一箇所に留まって時間を掛けて撮影するスタイル)を撮りだしてからは、バッグパック愛好家になってしまいました。両手が自由なのと荷重が偏らないのがよろしいです。
その分、道中で発見したものを速写するのは難しい。そこで道中で見つけた被写体は、速写性の高いコンデジを使って、記録的な撮影をするようなスタイルになりました。

P1010036-0480.jpg


まずは LowePro FlipSide 400AW ですが、背面アクセスの一気室タイプです。
撮影機材の収納を目的とした設計になっていまして、温度変化に対応するための衣類、また食料などを収納するスペースはほとんどありません。レンズの代わりにおにぎりが入らないわけではないのですが、基本的にはそのような造りになっていません。そんな事もあって、移動時間がベースキャンプ(私の場合は車)から半日、おおよそ4時間以内程度の場合に使用しています。


◎ 機材収納レイアウトのバリエーション
かなり大きな袋でして、主に 5Dmark2、EF17-40/F4L、EF24-105/F4L、EF70-200/F4L をメインにした機材を収納しています。それでも十分余裕はありますので、何を入れるかは自由です。衣類はムリでも食料くらいなら何とかなるかも。

IMG_1186_0600.jpg


二台体制で臨む場合にも使用しています。そのときは、5Dmark2 と 60D をメインとしたシステムを収納します。5Dmark2+EF24-105/F4L、60D+Tamron17-50/F2.8、EF20/F2.8、EF28/F1.8、EF35/F2、EF50/F1.4、EF85/F1.8 を収納するとこんな感じです(この収納例は単焦点レンズをたくさん入れたホタル撮影使用です)。

IMG_1189_0600.jpg



◎ 着替えやタオルなど生活用品
これはバッグの外につるして置くしかありません。バッグの肩の部分に、留めベルトがあります、ウインドブレーカーくらいなら大丈夫でしょう。機材以外の収納力がないとは言うものの、500ml のペットボトルなら、400AW / 300 ともに側面に入れておくことが可能です。

P1060199_0600.jpg



◎ 三脚の装着
5D のシステムを支える最低限の三脚(足の太さ28mm)を装着するのはちょっと無理があります。装着できたとしても、それを背負って長時間移動するのは苦痛でした。体から離れた部分に取り付けるため、どうしてもバランスが悪くなってしまいます。三脚は手に持って歩くか、ストラップで対応するのがよろしいです。後述の フリップサイド 300 も同様で、フリップサイドの三脚(本来は一脚)ホルダーは、ゴルフ用の傘タテに使用していることが多いです。


◎ その他
欠点は少ないのですが、ウェストベルトに比べ、チェストベルトが華奢で、外れてしまうことが何度かありました。

肩ベルトにLEDライト(Gentos 閃 SG325)をジャストぴったり装着できます。たまたまですか、これはとても便利です。後述の フリップサイド 300 も同様です。

P1060201_0600.jpg





      






フリップサイド 400AW で結構満足していたのですが、必要以上に「でかい」と感じることがあって 5Dmark2、EF17-40/F4L、EF24-105/F4L、EF70-200/F4L だけを収納することを目的として、フリップサイド 300 を購入しました。上述の機材だけで事が済むのなら、300 のチョイスは賢明です。

IMG_0331_0600.jpg

IMG_0334_0600.jpg


しばらく使ってみましたが、小物類を入れ替えることが面倒になって(入れ忘れて困ったこともあり)、現在ではほとんど使用しなくなりました。


300 のほうは 400AW に輪を掛けて、機材以外の収納能力がありません。使用目的が明確であれば使い勝手はよい事もありますが、汎用的に使うにはちょっと不便です。将来 400mm クラスのレンズを購入することがあれば、それ専用のバックには十分使えるでしょう。




さてこのフリップサイドの特徴である「背面アクセス」ですが、不注意による機材落下を防ぐには抜群の効果があります。普通のリュックを使っていて、機材を落として泣きそうになったことが2回あるのですが、現在は皆無です。落としそうな気配は全くありません。
またリュックを地面に下ろしても、自分の背中に当たる側が汚れないというのも利点です。メーカーは、リュックを降ろさずに機材にアクセスできることをアピールしています。確かに出来ないことはありませんが、よほどの時でない限り、積極的に使うほどではない-アテにしないほうがよろしいと思います。
現在では、この背面アクセスは私にとって非常に重要な選定ポイントになっています。

また、これはロープロ全体にいえる事かもしれませんが、全体の剛性がかなり微妙です。型崩れはしませんが、担いだ時に体にはフィットしてくれます。これは結構ポイント高いです。


フリップサイドの問題点は、良くも悪くも一気室であることに尽きます。一気室だけに、機材に関するアクセスは非常に良好です。しかしながら、いわゆるその他の装備、食料・衣類などの生活用品が収納できないのは辛い面もあります。

これは別のバッグを探すしか解決の方法はありません。




      




スポンサーリンク


2013-12-29 22:50 | カテゴリ:散財日記・お試し記録 |     コメント(6) 記事の編集】 
月額972円(税込)からLTE高速通信が使える「OCN モバイル ONE」登場

グレーチャート
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。