スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーリンク


-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告 |   記事の編集】 

真庭市 湯原町 雨乞山の滝

IMG_9324_1200.jpg
2014.4.23 : Canon EOS 60D / Canon EF-S 10-22mm F3.5-4.5 USM



IMG_9319_1200.jpg
2014.4.23 : Canon EOS 60D / Canon EF-S 10-22mm F3.5-4.5 USM



IMG_9328_1200.jpg
2014.4.23 : Canon EOS 60D / Canon EF-S 10-22mm F3.5-4.5 USM



IMG_9332_1200.jpg
2014.4.23 : Canon EOS 60D / Tamron SP AF17-50mm F2.8 (A16)



IMG_9337_1200.jpg
2014.4.23 : Canon EOS 60D / Tamron SP AF17-50mm F2.8 (A16)



IMG_9341_1200.jpg
2014.4.23 : Canon EOS 60D / Tamron SP AF17-50mm F2.8 (A16)


雨乞山の滝は県北の湯原の雨乞山の西の谷に架かっていますが、どうも水量は決して多くないようです。アクセスも厳しそうですから、何度もトライできそうにはありません。国道313号沿いの湯本神社のすぐ北にあるフェンスで囲まれた谷筋の水量を確認しましたところ、そこはほとんど水は流れ落ちてきていませんでした。逡巡はしましたが、高速代も高くなってきて湯原まで来るのも一苦労しますので、何も見なかったことにして出発しました。

湯本神社から登山道を登り、中電の鉄塔の真下を通り過ぎ、目印の白いテープを見つけたらそこから左の谷へ降りて行きます。ここはかなり滑りますので十分な注意が必要ですが、滝下からでは見えない滝の落ち際から上流がよく見えるので、フォトポイントでもあります。私はカメラを取り出すことが出来ませんでした。

後述しますが、実際にはかなり苦労してたどり着いた雨乞い山の滝は、それなりに満足させてくれるものでした。水量は覚悟していたのですが、思ったよりはありました。落差は30m以上かとも言われますが、滝下から見上げた限りではそんなにあるようには見えませんでした。少なくとも、新見のどうどの滝のほうが落差はあると感じます。上の滝は荒々しく、そこから細い岩の裂け目を落ちていきます。そしてその下流にも滝らしきものがいくつとなく続いています。谷全体が滝じゃないかとも思えたほどです。

もう少しこの谷を下ってみたいという気持ちはあったのですが、上から降りていくのは、登っていくより危険なので、適当なところで登山道に戻りました。私が戻ったのはちょうど中電の鉄塔のあるあたりです。

スポンサーサイト

スポンサーリンク


2014-04-30 00:05 | カテゴリ: 滝、渓流 |     コメント(2) 記事の編集】 

真庭市 湯原町 湯本の滝

IMG_9307_1200.jpg
2014.4.23 : Canon EOS 60D / Tamron SP AF17-50mm F2.8 (A16)



湯本の滝は、国道313号を北上し湯原トンネルを越えるとすぐ右(東)から落ちてきています。アクセスは非常にラクチンですが、水量は少ないし、落差は10m程度ですし、倒木やブッシュに覆われていて、決して感動できる滝ではありません。


スポンサーリンク


2014-04-30 00:01 | カテゴリ: 滝、渓流 |     コメント(0) 記事の編集】 
月額972円(税込)からLTE高速通信が使える「OCN モバイル ONE」登場

グレーチャート
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。