スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーリンク


-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告 |   記事の編集】 

和気アルプス 鎌尾根~奥壁~ダンガメ岩~チンネスラブ

IMG_0278_1136.jpg

2月19日の記録です。
まだ出来ていなかった110mの長大スラブ(チンネスラブ)の踏破を目指して和気アルプスにやってきました。和気中学校の裏から直接向かってもよかったのですが、ほかにも東面の奥岩(展望所)、ダンガメ岩(ダンガメ稜)など、行けていなかったところもあったので、またまた東面の岩に取り付いて、今回はほとんど岩登りだけで鎌尾根独標(鎌尾根の先端)まで登りました。土の急斜面は結構滑るので、案外岩登りのほうが楽に登れたりもします(ルートを開拓してもらっているからですが)。

注)マップを始め、小さい画像はクリックすれば4倍の大きさに拡大表示されます。


IMG_2439_0960.jpg

鎌尾根の頭(独標)の手前から。怖くて身を乗り出せません。


IMG_2448_0960.jpg

鎌尾根を少し登ってみたところ。ここら辺りから奥壁方向に急斜面をトラバースして向かいます。


IMG_2477_0960.jpg

奥岩側から眺めた鎌尾根の稜線。


IMG_2460_0960.jpg

奥壁には、先端展望所と、そこから鎖ですこし登ったところに別の展望所があります。上の写真は鎖を登りきった、上の展望所から見下ろしたところです。この岩壁の角度は、35度でした。


奥岩から鎌尾根に戻って東平尾根を西に向かい、M2ピークからダンガメ稜を目指します。「ダンガメ」というのは同じ備前でもウチの近所では「ドンガメ」と発音する大きく鈍な亀のことでしょう。ダンガメ稜を降り切ったところにそれらしい岩がありました。


IMG_2481_0600.jpg

M2の道標、ここから東平尾根を離れます。


IMG_2484_0960.jpg

ダンガメ稜に向かう途中の展望所から、手前がこの後登り返す予定のチンネスラブ、奥が白岩様(鷲の巣)という大きな一枚岩。白岩様はロッククライミング場となっています。


IMG_2486_0960.jpg

チンネスラブと白岩様ズームアップ。


IMG_2495_0960.jpg

ダンガメ稜の途中にあった遊び場、「登り専用フランケ」だそうです。ここの斜度は50度くらいではないでしょうか。岩に張り付いて登るというか、カエルにでもなった気分。一旦登り始めたら、最後まで登らないとたぶん降りることは出来そうにありません。最悪は左横にエスケープすることになるかという保険を持って登ってみることにしました。最初は不安でしたが、特に問題なく登りきれました。


IMG_2500_0600.jpg

ダンガメ稜を降りきると、ダンガメ岩がありました。亀の甲羅の岩ですね。


IMG_2501_0960.jpg

ダンガメ稜はそれなりに急斜面の岩場ですが、ほとんどは二足歩行で降りてくることが出来ました。


IMG_2505_0600.jpg

山の学校まで戻って鷲の巣・チンネスラブ方向に向かいます。突き当たると左の谷(沢)の中を進みます。すぐに上のような看板があって、チンネスラブは右上に進むよう案内されます。

すぐにスラブの取り付きに出ます。見上げると息を呑みます。平均斜度35度前後、計測した限りでは最高斜度52度の岩の斜面110mの登りの開始です。


IMG_2510_0600.jpg

中間辺りにある「がんばれ」の意をこめたと思われる道標。どうやら正式名称は「チンネスラブ」ではなく、「110mスラブ」との事のようです。
右の谷に行かないように四足で駆け上ります(2足でも登れます)。調子に乗ると危険ですが、案外サクサク登れます。また途中に休憩でする場所(段差)もあります。景色を楽しみながら登るのもいいですが、振り返ると結構怖いですよ。


IMG_2513_0600.jpg

途中で見上げたところ。


IMG_2516_0600.jpg

こんどは見下ろしてみました、怖いよ。


IMG_2522_0960.jpg

スラブを登りきると巨岩群があります。その一つがチンネ(空に突き出し岩のこと)と呼ばれています、見る角度によるとチンコに見えます、いやほんと。


IMG_2535_0960.jpg

この巨岩群を登ったりトラバースして、一番上のチンネの頭まで行きます。どちらかといえばスラブよりもこちらのほうが危険ではないでしょうか。



IMG_2538_0600.jpg

やっとチンネの頭まで到着しました。前回神ノ上山から降りる途中にここまでは来てみていたのですが、これより先に降りて行くのはためらわれました。今回下から登ってきましたが、このルートは登り専用と思っておいたほうがいいでしょうね。降りてみたいとはあまり思いません、それよりこのチンネの頭のあたりで弁当でもほおばるのがよいでしょう。


今回、いくつかの岩場や急斜面を登ったり降りたりしました。私は特にそれようの訓練はしておりませんので怪我がなかったのはラッキーだっただけなのかもしれません。もしこのルートにトライされようと思うのでしたら十分な注意と、管理されている皆様への感謝の気持ちを忘れないようにお願いします。

また靴に関しては非常に重要です。私が利用しているのはモンベルのトレールグリッパーという滑りにくいソールの靴です。これなら大丈夫でしょう。ほかにはファイブテンのキャンプフォーなど、いわゆるアプローチシューズのような靴を利用されることをお勧めします。

スポンサーサイト

スポンサーリンク


2016-02-20 02:11 | カテゴリ: 山、森林 |     コメント(0) 記事の編集】 

龍の口山 フルコース

Tatunokuchi.jpg

岡山市街地に近い龍の口山は標高250m程度の小さな山ですが、毎日ハイカーやトレッカーで賑わっています。そばにある龍の口神社は合格祈願の神社として有名で、季節柄受験生とその家族がよくお参りされています。私も高校受験の時にはここにきて祈願した記憶があります。

参道を含め登山道はたくさんあります。
まず駐車場からは二本、グリーンシャワー公園から三本、南の賞田から一本、その東の湯迫から一本、その東の四御神(しのごぜ)東が丘団地から参道が一本、山頂への直登ルートが三本、さらに東の県道81号線から車道(林道)が一本、参道が一本(参道から林道への直登が二本)、私が知っているのはこの程度です。その中から三ルートを選んで一気に三往復して来ました。

まあこれだけ歩けば歩き足らないことは無いと思います。9.8km、3時間8分でした。那岐山へ登るくらいはあるでしょう。


IMG_2405_1200.jpg

IMG_2100_0600.jpg

駐車場から素直に南展望台に向けて登り始めます。


IMG_2102_0600.jpg

最初は30分以上かかっていましたが、本日は20分で南展望台に到着です。展望はあまりよくありません。和気アルプスの展望と比べてしまうと全然物足りません。


IMG_2127_0600.jpg

山頂広場に着きました。ここは少々の展望が得られます。強い風も吹くきつけるので休むことなく山頂と龍の口神社の間の鞍部の十字路に向けて出発です。


DSCF6257_0600.jpg

鞍部の交差点に到着です。ここから西に向けてグリーンシャワー公園に降りて行きます。


IMG_2409_0600.jpg

グリーンシャワー公園を抜けて龍の口神社の参道入口に到着です。


IMG_2410_0600.jpg

この尾根筋の参道は、六合目辺りから急な岩場になり、八合目辺りからは手を使いたくなるような急峻な岩場になります。登りはまあいいとしても、下りは結構怖いです。
一番上のログにその様子が現れていますが、読み取れるでしょうか。その辺りから休憩がてらに振り返ると、電線は邪魔ですが展望は開けています。


IMG_2411_0600.jpg

龍の口神社に到着です。標高は220mです。
ここから鞍部の交差点まで降りて、これを左折して今度は四御神(しのごぜ)に向けて参道を降りて行きます。東が丘団地の北端の公園の舗装道路まで降りて、そのままUターンします。この辺りには古墳がいくつかあるようです。


IMG_2416_0600.jpg

最初は車塚古墳経由の山頂までのルートがあります。池の堤を渡って行くと登山道が続いていて、古墳のそばを通って山頂へ行けます。
次にあるのは谷口古墳経由の谷沿いの直登ルートです。上の鳥居をくぐると案内板がありますので、ここを左に入ります。今回はこのルートで直登しました。
もう少し進んだ左側には「水落コース」という案内板があります。これを登っても山頂にまで行けます。
どのルートも似たようなものですが、車塚古墳ルートは途中多少の展望が得られます、ほかのルートはただただ登るだけです。


IMG_2421_0600.jpg

やっと山頂に戻ってきました。


IMG_2422_0600.jpg

気温は4度、風もあってかなり寒かった。


IMG_2427_0600.jpg

そそくさと出発し、南展望台を通りそのまままっすぐ西(賞田方向)に向かいます。正面には綺麗な夕日が見えましたが、寒い!


IMG_2428_0600.jpg

やっと駐車場に戻ってきた時には、さすがに誰もいなかったです。


龍の口山の散策は多少のトレーニングにはなりますが、和気アルプスに比べると狭いですし面白味は少ないです。それでもこのあたり一帯は国有林ですので比較的安心して歩けます。歩いている人の数も違うし、ボランティアで整備してくださっている方もいて、道がしっかりしているのでナイトハイクも可能だと思います。

ちょっと飽きてきましたが、比較的近いので今後も時々トレーニングに来てみようと思ってます。


スポンサーリンク


2016-02-18 00:01 | カテゴリ: 山、森林 |     コメント(0) 記事の編集】 
月額972円(税込)からLTE高速通信が使える「OCN モバイル ONE」登場

グレーチャート
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。