スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーリンク


-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告 |   記事の編集】 

真庭市 落合町 小川の滝

小川の滝は、落合町小谷からランドマークゴルフクラブのそばを通る県道66号線につながる細い町道の下を流れる小谷川にかかる落差20mの斜瀑です。迫力はないですが、優雅に流れ落ちてくる滝姿です。新見のどうどの滝の小型版ですね。

IMG_6872_1200.jpg
2016.10.6 : Canon EOS 60D / Canon EF-S 10-22mm F3.5-4.5 USM



IMG_6869_1200.jpg
2016.10.6 : Canon EOS 60D / Canon EF-S 10-22mm F3.5-4.5 USM


この本滝の30mほど下流には下の滝(上流側)があります。そのさらに50mほど下流には下の滝(下流側)があります。どちらも規模は小さいですが、そそり立つ絶壁に落ちてきているので、存在感はあります。



下の滝(上流側)、落差5m、2条で、落ちてきています。左岸は絶壁です。
IMG_1995_1200.jpg
2016.10.6 : Canon Powershot S200



下の滝(下流側)、落差7m、樋状の岩を落ちてきています。左岸は絶壁です。
IMG_6860_1200.jpg
2016.10.6 : Canon EOS 60D / Canon EF-S 10-22mm F3.5-4.5 USM




アクセスですが、かなりきついようなそうでもないような。私は1時間半かかりましたが、半分はヤブ掃除です。倒木、倒竹、ヤブ、くもの巣、正直な話まともに前に進めたものではありませんでした。鎌を振り回して掃除しながら歩を進めていましたが、途中で鎌が壊れてしまいました。そのヤブの状態をご覧頂きましょう。

まずは旭川の旦土橋から、旦土川沿いに小谷集落に向かいます。そこから県道66号線を目指して南西に向かいます。すると右手に立派な銀杏木のある大滝神社があります。これを過ぎてしばらくすると、左手に「倒木注意」と「落石注意」の立て看板があるので、その手前に車を停めて、左下に入って行きます。


IMG_1955_0600_20161007230320725.jpg
12:58 駐車スペースはギリギリ1台車は停められます。下の写真では侵入箇所は草で覆われて分りにくいです。一応掃除しておきました。


IMG_1956_0600_201610072303221ed.jpg
13:16 こんな感じの管理道を降りて行きます。これだけでも結構大変なのです。程なく砂防ダムが見えてきますので、それを超えたところで沢に入ります。口で言うのは簡単ですが、これとてまともに前に進める状態ではないのでかなり苦労します。数回往復して侵入口を捜しました。最後は、強行突破で沢に降ります。


IMG_1957_0600_20161007230322386.jpg
13:33 沢に降りたら降りたで、竹やら倒木やらのお出迎えです。


IMG_1963_0600.jpg
13:43 倒竹と倒木です。ほとんど片付けておきました。


IMG_1966_0600.jpg
13:46 ヤブです。こちらも片付けました。


IMG_1968_0600.jpg
13:49 倒木です。こんなのが連続します。


IMG_1973_0600.jpg
14:17 やれやれホッと一息。


IMG_1983_0600.jpg
14:21 もうおなかいっぱいです ヾ(゜ω゜)ノ゛


IMG_1987_0600_2016100723041659f.jpg
14:21 もういい加減帰りたくなりました。


結局一時間半かかって14:32に下の滝(下流側)に出会えました。右岸を直登しかけましたが、危険と判断し右岸を大きく巻きます。14:50、すぐに下の滝(上流側)が見えてきます。さらに本滝は目の前に見えているのですが、簡単にはたどりつけません。右岸を大きく巻きかけましたが、本滝の前は絶壁なので降りるに降りられません。仕方ないので一旦下まで降りて、草を掴みながら右岸をへつって本滝の前へたどりつきました、15:12でした。もう泥まみれです。本滝撮影には、超広角レンズが必要です。

そして帰りですが、本来なら来たルートを戻るのですが、そのために掃除して来たのですが、本滝の上は車道っぽいのでちょっと登ってみました。本滝の途中までは長靴で滝を直登です。沢靴ならそのまま登っていたと思いますが、安全を期して左岸側に出て観察すると左上方にカーブミラーを発見。そこからは、ゴミとヤブにまみれた急斜面を強行突破で駆け上がると車道でした。滝下から車道までは時間にして10分強、15:46には生還しました。

ということは、カーブミラーまで進んで、そこから20mほど斜面を降りれば、なんと滝は目の前です。しかし、車道からは音は聞こえますが滝は見えないのでちょっと悩ましいところです。マップで言うと、下流の大滝神社から登って行き、2つのヘヤピンを超えて2つめのコーナーの左下に滝はあります。

それとは別に、下の滝(下流側)の少し下流側から、急斜面ですが降りて降りれないことはないような場所を沢の中から確認しています。そのあたりから上手く降りられたら、ヤブもないし30分程度で到着できるでしょう。本滝の真上からアプローチすれば、10分かからないでしょう。



IMG_2017_0600.jpg
ちなみに、大滝神社には立派な銀杏木があります。その銀杏の根がちょっと珍しいということなので載せておきます。何でも根が編み物のように編みこまれているということです。

スポンサーサイト

スポンサーリンク


2016-10-07 23:24 | カテゴリ: 滝、渓流 |     コメント(2) 記事の編集】 

熊山 城山西コース~鉄塔コース

トレーニングの熊山登りも32回目、今にも雨の落ちてきそうな昼過ぎ、城山西コースから登って、鉄塔コースを下ってきました。鉄塔コースは三度目ですが、なかなか眺望のよいよいコースです。ただし下りで歩かないと、上りではしんどいだけです。

IMG_0418_1136.jpg


このコースは、スタートの標高が65mと高いので、登る標高差は少ないのですが結構きつく時間がかかります。特に城山までたどりつくのが大変です。城山の頂上直下は、斜度45度くらいのところもある、かなりの急登なのです。

IMG_1913_0600.jpg
城山の手前のピークから城山を望む
一旦下って、正面の急登を直登する



IMG_1917_0600.jpg
城山頂上、城跡は確認できないが毘沙門天を祭ってある



IMG_1922_0600.jpg
ここは二回目、前回も今回もマダニに食いつかれました



このあと熊山に向かう途中、姿は見えないのですが低いうなり声が聞こえてきました。こちらも唸り声を上げて対峙しました。1~2分のことですが、そのうち聞こえなくなりました。その場所は、いつも同じような鳥の鳴き声が聞こえてくる場所で、何かの生き物の棲家が近くにあるのかもしれません。

弓削コースの大坂峠の手前には、マムシの巣があるようです。朝早く行けば出会えまして、同じ場所で3度遭ってます。


IMG_1942_0600.jpg
復路の鉄塔コースの中尾岩



IMG_1944_0600.jpg
中尾岩より、眺望は非常にいいです



IMG_1941_0600.jpg
中尾岩より、西の根性岩(しょうねいわ)をのぞむ



IMG_1947_0600.jpg
城山池に戻ってきました



スポンサーリンク


2016-10-05 17:07 | カテゴリ: 山、森林 |     コメント(0) 記事の編集】 
月額972円(税込)からLTE高速通信が使える「OCN モバイル ONE」登場

グレーチャート
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。