FC2ブログ

奥津渓の紅葉

IMG_0557_1200.jpg
2012.11.8 : Canon EOS 5Dmark2 / Canon EF 24-105mm F4L IS USM



IMG_0538_0600.jpg
2012.11.8 : Canon EOS 5Dmark2 / Canon EF 70-200mm F4L IS USM



IMG_0553_1200.jpg
2012.11.8 : Canon EOS 5Dmark2 / Canon EF 24-105mm F4L IS USM



紅葉といえばどこを差し置いても奥津渓でしょう。県内では一番だと思っています。
車は渓流(吉井川)の下流から上流に向けての一歩通行制限になっています。路上にはレッドコーンが並べてあって、臨時的に歩道が確保されています。舗装された歩道(旧国道179号線)を歩くのもいいですが、一段降りて渓流沿いの遊歩道を歩くのも風情があっていいものです。下流の「奥津の甌穴群」から薄緑色の「大釣橋」あたりまで約1kmほどゆっくり楽に歩けます。

そのなかでも特に般若寺温泉から大釣橋にかけては、非常に鮮やかな紅葉が目を楽しませてくれます。大きな道路標識があまりに無粋で残念なのですが、紅葉そのものはすばらしいです。陽が差し込む午前中に訪問されるのがいいでしょう。ただし、休日の人出は半端では無いと思います。平日でも団体さんがいて、大賑わいです。

昨年は11/15前後を狙って訪れましたが、今年は一週間早めに来てみました。いわゆる紅葉情報の「真っ盛り」とか「見ごろ」と言われるのがピンとこなかったのですが、楓でいうと外が赤、中間がオレンジ、内側が緑、となっている状態が一番良いのではないかと思います。そういう意味では、11/8、良いタイミングでした。全体が赤くなる頃は、外側の葉は、枯れているか落ちているか痛んでいるか、いずれにしても見栄えはよくありません。そういう場合は遠くから眺めて楽しむのがいいでしょうね。

写真は全部奥津町の大釣橋周辺です。

関連記事

スポンサーリンク


2012-11-09 00:17 | カテゴリ: 秋の風物詩:紅葉、雲海 |     コメント(0) 記事の編集】 
月額972円(税込)からLTE高速通信が使える「OCN モバイル ONE」登場

グレーチャート

管理者のみに表示する