スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーリンク


-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告 |   記事の編集】 

見上げれば天の川

IMG_2309_1200.jpg
2013.9.5 : Canon EOS 5Dmark2 / Canon EF 24-105mm F4L IS USM


現在 EOS 5Dmark2 を使っていますが、唯一不満な点が iso6400 のノイズの多さです。かねてから iso6400 までは常用したいと思っていました。Nikon D700 が発売された時はちょっと心が揺らぎましたが、資金の問題もあって Canon を使い続けています。今では 5Dmark3、6D など iso6400 が常用できそうなカメラが発売されていますが、買い替えるまでには至っていません。

ということで、かねてから気になっていたカメラ内ノイズリダクションを試すことにしました。この機能はノイズが低減される代わりに、所要時間が露光時感と同じ時間だけかかります。30秒露光して撮ってノイズリダクションをかけるには30秒かかるわけです。Busy 状態で、次の操作を待たされるわけです。

多少不便は感じますが、背に腹は代えられない、連射の必要がなければそれでもまあいいかというところです。実際に撮ってみた感想は、「使える」ということです。

5Dmark2 では、iso3200 まではカメラ内ノイズリダクションをかけなくてもまあ何とか使えますが、それ以上の高感度になるとノイズリダクションをかけることを想定していたほうがよさそうです。

上の写真は、撮ってみたら「これって天の川?」という感じに写りました。天の川を狙って撮ったわけではなく、見えていたカシオペアを狙ったら、たまたまそこに天の川があったというのが実情です。

撮影データは、iso6400、F4、30sec. です。カメラ内ノイズリダクションをかけています。PC現像で、色温度を変更、ピクスタを忠実設定、コントラストをやや下げる、ハイライトを下げる、などの手を入れていますが、明るさは変更していません。

まあこれだったら使えるのではないでしょうかね。

関連記事

スポンサーリンク


2013-09-11 03:35 | カテゴリ: 空、雲、星景 |     コメント(0) 記事の編集】 
月額972円(税込)からLTE高速通信が使える「OCN モバイル ONE」登場

グレーチャート

管理者のみに表示する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。