スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーリンク


-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告 |   記事の編集】 

無線LANルーター

IMG_7954_0600.jpg


予定外のものを購入してしまいました。
2台目の無線LANルーターを買ってしまいました。

ウチは光プレミアム回線でネット利用をしていまして、光回線をONU経由でCTUというNTTのブロードバンドルーターを介して家庭内乱を構築しています。家庭内乱に参加しているメンバーは下記のとおりです。

・DeskTopPC(WinXP有線)1台
・NotePC(WinXP無線)1台
・NotePC(Win7有線)1台
・プリンター(無線+USB)1台
・iPhone4S 1台
・iPhone5 1台
・iPod 1台


無線LANルーターは、実はすでに1台使っています。これです、1階のリビングに設置しています。家庭用としては電波は強力という触れ込みだったのですが、同じ1階でも、となりのとなりの部屋で iPhone4S で試してみたら、アンテナは2本しか立っていません。この状態だと、使う気にはならないそうです。2階でも電波状況はよくないらしく、iPhone は 3G で接続して使っていることが多いようですので、仕方なく2階用に増設しました。


今回追加したのは NEC AtermWG600HP です。一世代前の NEC AtermWR9500N のほうが、古くても枯れているというか安定していそうなのでいいかなと思ったのですが、1000円の違いで新型にしました。

選定基準は、「IEEE802.11a/g必須、IEEE802.11ac不問」ということでした。

PLANEX MZK-1200DHP、PLANEX MZK-750DHP あたりでもいいかとは思ったのですが、以前のものが NEC製だったので同じメーカーにしました。ついでにいうと、BUFFALO は最初から除外です。訳あってメルコの時代から出入り禁止になっています。


電波の周波数は iPhone5 から 5GHz にも対応しているということで、5GHz 対応(IEEE802.11a)を必須条件にしました。理論上、5GHz は 2.4GHz に比べ倍のスピードが出るはずですが、wifi の規格では 2.4GHz帯の IEEE802.11g も 5GHz帯の IEEE802.11a も最大 54Mbps だそうですし、前段にボトルネックがありそうなのでスループットはほとんど変りません。まあ気持ちの問題でしょうかね。

最近では IEEE802.11a/b/g/n のほかに IEEE802.11ac という規格があるそうですが、それに対応した機器は持っていないし、当面使う予定も無いので、11ac は非対応でもOKという条件で選定しました。


購入したルーターの使用感としては、CTU から直接繋ぐだけですぐ使えますので、接続に関しては非常によろしいです。ルーター側での特別な設定はほとんど不要です。受信側ではルーター背面に記載されているパスワードを入力するくらいで終わりです。

あえて言えばルーター側の設定で、AP/RT (AP=アクセスポイント、RT=ルーター)の切替えスイッチを、工場出荷のRTからAPにしておいたほうがいいということくらいです。

光回線ではゲートウェイとして CTU という DHCP 機能を持ったブロードバンドルーターを使用していますので、その後段でルーターを設置する必要はありません(ルーターは WAN への玄関先だけに設置しておけばよいものです)。すなわち無線は単純に無線のAPとして使用し、有線LANポートは単純にスイッチングハブとして利用するのが理論上のスジでして、気持ちの上でもすっきりします。
工場出荷の設定のままRTにして二重ルーティングさせても接続は出来ますが、有意性は無いうえに理論的には遅くなってしまいます。

ということでAP設定にしました。


このルーターには無線接続のほか、有線LAN接続用のポートが4つあります。AP設定でもこちら(有線LANポート)のルーティングは行ってくれる-と、サポセンのお姉さんは言っていましたが、おそらく正確には「ルーティング」ではなく「スイッチング」だと思います。

AP設定してルーティング機能を殺しても、有線LANポートがいわゆる「リピータHUB(バカハブ)」になってしまうことは無いということを言いたかったのでしょう。無線という言葉に着目するとAPという単語が出てきますが、APに設定すると、単純に「有線と無線で接続できるスイッチングハブになる」と理解するほうが、私にはわかりやすいです。

またこの無線LANルータには「エコモード」というのが有って、このモードにすると無線が飛ばなくなってしまいます。使い物にならんじゃないかと思ったのですが、寝るときや外出のときなど、無線を切っておきたいときに使用すると便利なんだそうです。有線LANポートには影響が無いそうです。

光回線をご利用されているご家庭には、この NEC Aterm シリーズはお勧めしておきましょう。



         



関連記事

スポンサーリンク


2013-10-30 01:36 | カテゴリ:散財日記・お試し記録 |     コメント(0) 記事の編集】 
月額972円(税込)からLTE高速通信が使える「OCN モバイル ONE」登場

グレーチャート

管理者のみに表示する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。