スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーリンク


-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告 |   記事の編集】 

ベルボン シェルパ 345

格安の三脚のレポートをするのもどうかと思うのですが、一応自分のためにも、気のつくところを書き留めておきます。
三脚としての性能は スリック スプリントプロ 3WAY とはほぼ同等かと思います。色で選べばベルボン、3WAY雲台に魅力を感じればスリックというところでしょうか。いずれにしても、注意して使用すればAPS-Cで 100mm 程度までは問題なく使用可能です。


デザイン
これは似たり寄ったりですが、シェルパのほうがカラーバリエーションがありますので、選ぶ楽しみがあるでしょう。今回はガンメタリックを買いました。スプリントプロは、ブラックとシャンパンゴールドの二色しかありませんで、どちらも購入経験があります。ゴールドは、4段全部ゴールドかと思ったら、一番太い部分だけがゴールドで、残りの3本はブラックです。一瞬騙されたと思いました。シェルパは全ての足が同じ色になっていますので、ちょっと感動しました。

IMG_2650_0600.jpg





収納性
シェルパはパン棒が1本に加えて、雲台が後へオフセットされていますので、パン棒2本のスプリントプロに比べると、微妙に収納性がよろしいです。バンガード アップライズ45に装着しましたところ、バッチリです。

IMG_2637_0480.jpg





操作性
スプリントプロは純粋に3WAYですが、シェルパはパンと前後は一本のパン棒で操作します。この一本ハンドルはなかなかよく出来ていまして、徐々に緩めていくと「前後は動かないが回転は出来る」というポイントがあり、その後「前後・回転ともに操作できる」ようになります。微妙な操作ですので、私は使わないかもしれません。

タテ・ヨコの構図変更は、シェルパの場合は手前にあるねじつまみで操作します。この操作はスプリントプロのパン棒のほうが安全です。シェルパはねじを緩めながら雲台を支えておくことが出来ません。一応センターで引っ掛かりはあるのですが、カメラを持って操作するほうが安全です。片手でねじを緩めてしまうと、雲台がガタンと倒れてしまう確率が高いです。実際にやっちゃいました。

精密な操作を求めるのなら3WAYのほうが扱いやすいと思いますが、2WAYであっても問題は無いというか、操作は早いです。主に使用する60Dには電子水準計が搭載されていますので、構図設定に支障はありません。



また脚のロックレバーはスリックとベルボンでは逆です。自分はベルボンに慣れているので、シェルパのほうが使いやすいです。

もう一つスプリントプロとは大きな違いがあって、シェルパは雲台の交換ができます。たまたまベルボンの自由雲台QHD-41を持っていましたので、装着してみました。

IMG_2628_0720.jpg





安定性
これは似たり寄ったりでしょう。60Dクラスで使用する場合は、一番下の脚は傾き調整に使用する程度に留めて、長く伸ばさないほうがいいでしょう。膝をつけば、高さ的にはちょうどいい具合です。またバリアングルタイプであれば、カメラの位置が少々低くてもあまり問題にならないと思えました。

またシェルパの雲台は後にオフセットされているので、多少安定性がいいのではないかと思います。

IMG_2630_0600.jpg



IMG_2634_0600.jpg



IMG_2644_0600.jpg



IMG_2644_0600.jpg



風がなければミラーアップして充分に使えます。60Dでは、ライブビュー撮影が出来ますのでミラーアップしているのと同じですね。一番危険なのは 1/30sec 前後なのですが、大丈夫のようです。

ただ、気持ちの上で心細さは否めません。ミラーレスで使用するのなら安心して使えると思いますが、APS-Cで使用するにはシェルパ445のほうがよかったのか、という気持ちがないことはありません。




耐久性
これも似たり寄ったりでしょう。シェルパはクイックシューのロック周りがちょっと心配です。スプリントプロは脚が1本壊れました。あまり多くは期待しないほうがいいと思います。壊れたら買い換えましょう。



最後にサンプルです。
全てライブビュー(ミラーアップ)撮影、セルフタイマー2秒でリモートスイッチは使用していません。実際にはリモートスイッチは使ったほうがいいと思いますし、フィールドでは使用します。

IMG_8058_1200.jpg
Canon EOS 60D / Canon EF-S 18-135mm F3.5-5.6 IS
iso100,F8,1/2sec.,@135mm,中央部等倍切出




IMG_8069_1200.jpg
Canon EOS 60D / Canon EF-S 18-135mm F3.5-5.6 IS
iso800,F5.6,3sec.,@135mm,単純リサイズ




IMG_8074_1200.jpg
Canon EOS 60D / Canon EF-S 18-135mm F3.5-5.6 IS
iso1600,F5.6,1/30sec.,@80mm,中央部等倍切出




          


関連記事

スポンサーリンク


2013-11-12 07:10 | カテゴリ:散財日記・お試し記録 |     コメント(2) 記事の編集】 
月額972円(税込)からLTE高速通信が使える「OCN モバイル ONE」登場

グレーチャート

管理者のみに表示する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。