スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーリンク


-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告 |   記事の編集】 

吉備中央町 龍住ヶ滝

IMG_8130_1200.jpg
2013.11.21 : Canon EOS 60D / Canon EF-S 18-135mm F3.5-5.6 IS



IMG_8136_1200.jpg
2013.11.21 : Canon EOS 60D / Canon EF-S 10-22mm F3.5-4.5 USM



IMG_8140_1200.jpg
2013.11.21 : Canon EOS 60D / Canon EF-S 10-22mm F3.5-4.5 USM



IMG_8159_1200.jpg
2013.11.21 : Canon EOS 60D / Canon EF-S 10-22mm F3.5-4.5 USM



IMG_8152_1200.jpg
2013.11.21 : Canon EOS 60D / Canon EF-S 10-22mm F3.5-4.5 USM



IMG_8148_1200.jpg
2013.11.21 : Canon EOS 60D / Canon EF-S 10-22mm F3.5-4.5 USM



かねてから行こうと思っていて、ついついスルーしていた滝に行ってきました。槙谷ダムのそばで総社市と吉備中央町の境になります。ダムの管理室とソーラーパネルを設置した駐車場の間あたりから小川に沿って山に向かって歩いて、10分程度でしょうか。以前は遊歩道だった、という面影を残す放置された元遊歩道を進んでいくと、木製の橋(よく見ると、橋そのものは鉄筋です)があって、これを渡るとすぐに見えてきます。

全部で三本の滝が繋がっているのですが、45度、45度と曲がっていて、三本同時に一望することは出来ません。
下から5mの小滝(1枚目)、7mの末広がりのナメ滝(2枚目)、15mの直曝(5,6枚目)と連なっています。3枚目は二段目の横から三段目を入れて撮ったもの、4枚目は二段目の滝の落ち口辺りから、二段目と一段目を撮ったものです。

あまり期待してはいなかったのですが、一番上の滝はなかなか見事です。水量は少なかったですが見ごたえありました。


この滝はどうもかつて整備されていたことがあるようで、遊歩道もきちんとしていますし、ベンチも3脚ありました。ただ現在は放置されているのか、家族連れで散策をするような状況ではありません。滝を見るのが目的というのであれば、危険は感じない程度に適度に荒れていて、適度な距離があって山の中に入った気分になれて、比較的お手軽ではあります。


水量のあるときにまた来てみたい滝です。

関連記事

スポンサーリンク


2013-11-27 03:05 | カテゴリ: 滝、渓流 |     コメント(4) 記事の編集】 
月額972円(税込)からLTE高速通信が使える「OCN モバイル ONE」登場

グレーチャート

管理者のみに表示する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。