スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーリンク


-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告 |   記事の編集】 

美咲町 塩合の滝

IMG_8290_1200.jpg
2013.12.19 : Canon EOS 60D / Tamron SP AF17-50mm F2.8 (A16)



IMG_8295_1200.jpg
2013.12.19 : Canon EOS 60D / Tamron SP AF17-50mm F2.8 (A16)



IMG_8293_1200.jpg
2013.12.19 : Canon EOS 60D / Tamron SP AF17-50mm F2.8 (A16)



美咲町の塩合の滝は「しょうごのたき」と発音するそうで、「雨乞いの滝」とも言われているそうです。約10m弱の落差で、細く白くすぅ~っと流れ落ちています。遠目にはエクトプラズマか!、と思わせるような光景です。

自然な状態ではあると思うのですが、倒木あり、ツルの絡み合いありで、残念ながらあまりフォトジェニックではありません。撮影向きの滝ではないですね。


アクセスはちょっと厳しいです。旭川右岸沿いの須々木という場所で、旭川湖から2~300m上流になります。道は一部ブッシュのおまけがあるオフロードで、一般乗用車では手ごわいでしょう。私は下流から行きましたが、反対に民家のある上流からもアプローチは出来ます。民家の近所に車を停めて上流から歩いていくのがよろしいかと思います。歩く距離はたいしたことないです。

道が川の上を横切っているところのすぐ下流にこの滝は見えます。辛うじて路上から見えます。滝の真正面に出るには、50mほど下流から、急な下り坂に突入します(ロープがあれば安全です)。15mほど降りれば沢に出られます。


またこの滝の近所には、硫黄臭が漂う須々木冷泉が自噴しているらしく、水汲みに訪れる人もいるんだそうです。私が滝に到着したのは薄暗くなった 16:50 分だったので、そそくさと撮影して、とっとと帰りました。

関連記事

スポンサーリンク


2013-12-21 04:02 | カテゴリ: 滝、渓流 |     コメント(0) 記事の編集】 
月額972円(税込)からLTE高速通信が使える「OCN モバイル ONE」登場

グレーチャート

管理者のみに表示する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。