スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーリンク


-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告 |   記事の編集】 

岡山市 金山寺 三重塔

IMG_4864_1200.jpg
2012.11.15 : Canon EOS 60D / Canon EF-S 18-135mm F3.5-5.6 IS



IMG_4870_1200.jpg
2012.11.15 : Canon EOS 60D / Canon EF-S 18-135mm F3.5-5.6 IS



IMG_4847_1200.jpg
2012.11.15 : Canon EOS 60D / Canon EF-S 18-135mm F3.5-5.6 IS



岡山から山陽町へ向かう旭川沿いの県道27号線(通称美作線)を北上し、中原橋を超えて次の信号を左に曲がって金山へ向かいます。美作線から左に逸れるとすぐ牧石小学校があります、これはあの有森裕子さんの出身校です。まあそんなことはどうでもいいのですが、山に向かって走っていくと、高速の高架を越え、大きなお地蔵さんを横目に見やると、ほぼ正面の山の中腹にこの三重塔の上半分が見えてきます。

わたしはちょっとややこしいところに車を停めたので歩く距離は短かったですが、閑静で整備された境内とそ周辺を歩いて登っていく必要があります。山門からまともに歩くと結構ありそうです。

三重塔の目の前は石段になっていて、これを登りきると塔までの距離はほとんどありませんので、写真を撮る位置はかなり限定されます。しかしながら、石段を登りきって振り返ると児島半島とその周辺の海まで見渡すことが出来ます。これはちょっと感動です。

このあたり(金山と笠井山周辺)は学生時代に車でブンブン走り回っておりまして、この塔のことはそのころからよく知っていました。運転中に、おそらく今よりもっとよく見えていました。でも実際にここに来たのは初めてです。確か比較的最近大掛かりな修繕をやっていたような記憶もあります。その頃は境内周りは少々荒れ気味だと聞いていたのですが、今はかなり整備されています。ちょっと気分を変えるために立ち寄ってみる場所としては結構穴場です。

塔の建立は、江戸時代中期1788年ということです。

関連記事

スポンサーリンク


2012-11-28 02:35 | カテゴリ: 寺社仏閣、史跡 他 |     コメント(0) 記事の編集】 
月額972円(税込)からLTE高速通信が使える「OCN モバイル ONE」登場

グレーチャート

管理者のみに表示する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。