スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーリンク


-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告 |   記事の編集】 

高梁市 山上滝

IMG_8777_1200.jpg
2014.3.12 : Canon EOS 60D / Canon EF-S 10-22mm F3.5-4.5 USM



IMG_8791_1200.jpg
2014.3.12 : Canon EOS 60D / Tamron SP AF17-50mm F2.8 (A16)



IMG_8783_1200.jpg
2014.3.12 : Canon EOS 60D / Canon EF-S 10-22mm F3.5-4.5 USM


難所と聞かされていましたので敬遠しておりましたが、今年は県内の滝を少しでもつぶしていこうと思っていますので、挑戦してみました。案ずるより産むが易し、というのでしょうか、あるようでないような道を探して川沿いに遡行すること20分弱で到着しました。

滝そのものはなかなかすばらしい、落差30mといわれているそうですが、最近はしょぼい滝でも選り好みせずに回っていることもあって、このくらいの滝ならちょっと感動モノでした。プチ鈴木の滝、といった感じでしょうか。

滝そのものもお勧めできる滝でしたが、周りの岩にへばりついた苔も素敵でした。直射日光が入れば綺麗でしょうけど、滝の撮影は厳しくなってきます。


場所は成羽に近い宇治の町のちょっと北になります。アクセスですが、南北に走る県道85号線から広兼邸方に向かう市道を東に入ると、約150mあたりのところから斜め右に入渓出来そうな歩道があります。そこからすぐ沢に下りて左岸に渡り、踏み跡を頼りにそのまましばらく進みます。こりゃ無理かなと思ったら、沢を渡って反対側の岸を歩き、たまには沢の中を歩きます。ちょっと心細くもなるかもしれませんが、沢から付かず離れず歩いていると、ででぇ~んと登場してくれます。

かなり山奥の滝のような雰囲気なのですが、実際にはこの上流にも下流にも集落があり、人里離れた場所ではありません。また国土地理院のマップにも滝マークが記されています。

関連記事

スポンサーリンク


2014-03-22 02:34 | カテゴリ: 滝、渓流 |     コメント(4) 記事の編集】 
月額972円(税込)からLTE高速通信が使える「OCN モバイル ONE」登場

グレーチャート

管理者のみに表示する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。