スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーリンク


-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告 |   記事の編集】 

菩提寺の大イチョウ ライトアップ #1

IMG_5043_1200.jpg
2012.11.29 : Canon EOS 60D / Canon EF-S 10-22mm F3.5-4.5 USM



IMG_5038_1200.jpg
2012.11.29 : Canon EOS 60D / Canon EF-S 10-22mm F3.5-4.5 USM



菩提寺の大イチョウはという奈義町にある小さなお寺の境内の一角にあります。樹齢900年といわれ、イチョウの木としては日本で4番目の巨木だそうです。また新日本名木百選にも選ばれています。ちなみにこの百選は岡山には3本ありまして、他には真庭市の醍醐桜、美作市の横川のムクの木が選ばれています。

この菩提寺のイチョウの木は法然上人が植えたといわれています。親木は、国道53号線の奈義トンネルとその北のループ橋の間にあるイチョウの木とされていて、その木の枝を折って杖にして山を登ってきた法然上人がここ菩提寺に刺したままにしておいて根付いたとされています。そしてこの菩提寺のイチョウの枝を折って持ち帰ったのが美咲町の誕生寺で、そこの境内に刺して根付いたのが誕生寺の逆さイチョウということとされています。いわゆる由緒あるイチョウで、また日本の百選に選ばれるくらい立派なイチョウの木であります。

これまで何度も訪れているのですが、どうもいい具合に色づいた紅葉にはめぐり合えていません。このイチョウの木は県北那岐山の麓にあるにもかかわらず、見ごろは遅く11月末ということらしいです。今回は強風で上のほうの葉は落ちていましたが、下のほうはまだ緑の葉が残っていたり、中ほどは黄色に色づき、地面には落ちた葉で黄色のじゅうたんが出来ていました。ピークを2~3日過ぎた状態だそうです。

そして今年初めてライトアップが行われました。人の数は決して多くはなく、2時間の間に家族連れが10組ほど来ていた程度でしょうか、撮影もゆっくりと十分余裕を持って行うことが出来ました。ライトアップは来年もまた行う予定だそうです。

我が家から片道80km、車検上がりの車の試運転を兼ねて行って来ました。早く出て、湯郷ベルの練習を見てから行くつもりだったのですが、残念ながら諸都合で練習見学には立ち寄れませんでした。まあ本日は宮間さんは不在ですから(2012年 AFC年間最優秀女子選手賞の受賞でクアラルンプールにご出張中)、皇后杯が終わってゆっくりしている頃に行ってみましょう。お目当ては中野さんですが (^^)

関連記事

スポンサーリンク


2012-11-30 02:00 | カテゴリ: 秋の風物詩:紅葉、雲海 |     コメント(2) 記事の編集】 
月額972円(税込)からLTE高速通信が使える「OCN モバイル ONE」登場

グレーチャート

管理者のみに表示する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。