真庭市 美甘村 菅谷の滝

- ささやきの滝 -
IMG_95501_1200.jpg
2013.4.30 : Canon EOS 60D / Canon EF-S 55-250mm F4-5.6 IS



- のぞみの滝 -
IMG_9547_1200.jpg
2013.4.30 : Canon EOS 60D / Canon EF-S 55-250mm F4-5.6 IS



- のぞみの滝 -
IMG_9541_1200.jpg
2014.4.30 : Canon EOS 60D / Tamron SP AF17-50mm F2.8 (A16)




- ゆめみの滝 -
IMG_9537_1200.jpg
2014.4.30 : Canon EOS 60D / Tamron SP AF17-50mm F2.8 (A16)


菅谷(すげたに)の滝は、下流から「ささやきの滝」「のぞみの滝」「ゆめみの滝」と三本の滝の総称とされています。以前は幻の滝だったそうですが、下流にクリエイト菅谷というアウトドアの施設もでき、公募で命名されたということです。

夏場には下草が茂ってしまうそうですが、最上流のゆめみの滝まで遊歩道と案内板が整備されています。遊歩道入り口からゆめみの滝まで、高低差約100m、徒歩15分程度です。クリエイト菅谷の駐車場から遊歩道入り口までは車でもいけますが、歩くと15分弱はかかるようです。

またゆめみの滝は、目の前まで遊歩道が続いていますが、他の二ヶ所は遊歩道から遠望することになります。ヤブを漕いで斜面を降りれば、行っていけないことはないですし、時間に余裕があれば行っていたことでしょうけど、今回は急いでいたので遠望するだけにしました。


最下流のささやきの滝は、遊歩道の脇にある滝の案内板から見えるそれらしいもの、ということで、たぶんあれがその滝なんだろうと勝手に判断しました。

のぞみの滝は、実は遊歩道脇の案内板が2ヵ所ありました。写真は下流から順番に掲載しています。下流側は小さな三段の滝、上流側は苔生した岩を滴る滝、どちらが本物か私には区別がつきませんでした。こちらも望遠だけで済ませてしまいました。

最上流のゆめみの滝は、他の滝と比べると滝らしいです。木の枝に隠れて見難いのですが、この滝の奥にも落ちてきている滝があります。それらとセットで一望できれば、さらにここまで登ってきてよかったと感じることが出来ることでしょう。

関連記事

スポンサーリンク


2014-05-04 00:03 | カテゴリ: 滝、渓流 |     コメント(0) 記事の編集】 
月額972円(税込)からLTE高速通信が使える「OCN モバイル ONE」登場

グレーチャート

管理者のみに表示する