スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーリンク


-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告 |   記事の編集】 

真庭市 美甘村 八反不動滝

IMG_9525_1200.jpg
2014.4.30 : Canon EOS 60D / Tamron SP AF17-50mm F2.8 (A16)



IMG_9492_1200.jpg
2014.4.30 : Canon EOS 60D / Canon EF-S 10-22mm F3.5-4.5 USM



IMG_9510_1200.jpg
2013.4.30 : Canon EOS 60D / Canon EF-S 55-250mm F4-5.6 IS


八反不動滝は国道181号線沿いにある、「出雲街道出入口」という案内板のところから、東の山に向かって登っていったところにあります。滝は総落差35m以上とされていますが、それ以上ありそうな感じでした。水量が少ないのは残念でしたが、滝としての規模はかなりのものだと思いました。

まずは、案内板のところから山方向に入り、小川を渡って旧出雲街道に合流します。左手に折れ、道とは分るものの遊歩道ともいえない程度の緩やかな山道を登っていくと、左に橋、前方に鳥居が見えてきます。直進してこの鳥居をくぐると急に足元が悪くなり、坂の傾斜もきつくなってきます。左手に沢を見ながらどんどん登っていくと、上方の大岩から水が滴っているのが見えてきます。

この段階では、それだけのものかとしか思えないのですが、頑張って登ります。坂が急なものだから、何度も休憩をしながら登るのでなかなか到着できません。そして滝の前に立って上方を見上げるとはるか彼方から水が落ちてきているのを確認できます。この段階で「よかった」と思えてきます。

喜ぶのもつかの間、写真を撮るには非常に厄介で、とにかく引きが取れません。大岩の反対側の斜面を登りかけては途中で滑り落ちてしまうし、あの大岩の上から上段を撮ろうと思っても、こちらは滑り落ちると怪我をしそうなところだし、進むべき斜面も急すぎて途中で断念しました。

ということで、上段は飛び道具の望遠レンズ(100mmあれば何とかなります)で、目の前の大岩の正面からは超広角レンズで撮るしかなかったです。

撮影はともかく、急坂(高低差160m)というのもさておき、滝はよかったです。水のあるときにまた行ってみたいと思わせるに十分な滝でしょう。無理さえしなければ、危険なところはまったくありません。

関連記事

スポンサーリンク


2014-05-05 00:59 | カテゴリ: 滝、渓流 |     コメント(0) 記事の編集】 
月額972円(税込)からLTE高速通信が使える「OCN モバイル ONE」登場

グレーチャート

管理者のみに表示する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。