スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーリンク


-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告 |   記事の編集】 

鏡野町 中林の滝 (一の滝)

IMG_0034_1200.jpg
2014.5.21 : Canon EOS 60D / Canon EF-S 10-22mm F3.5-4.5 USM



IMG_0037_1200.jpg
2014.5.21 : Canon EOS 60D / Tamron SP AF17-50mm F2.8 (A16)



IMG_0050_1200.jpg
2014.5.21 : Canon EOS 60D / Tamron SP AF17-50mm F2.8 (A16)



IMG_0053_1200.jpg
2014.5.21 : Canon EOS 60D / Tamron SP AF17-50mm F2.8 (A16)


中林の滝は「ちゅうりのたき」と発音します。泉山山系の東面にある滝です。この滝はかねてから狙っていたのですが、県道から登山道入り口の駐車場までの約3kmの道が2ヵ所の土砂崩れで通行止めでして、開通するのを待っていました。今年4月にほぼ開通したと聞き、行ってきました。開通したといっても、未舗装部分もありますので注意は必要です。

ここには、落差30~50mの中林一の滝、二の滝、火の滝のほか、十六夜の滝、天の滝(あまのたき)と、すばらしい滝があります。一通り回ってきましたので、順次投稿していきます。ちなみに所要時間は、約180枚の撮影時間を含め、5時間半かかりました。

まずは、駐車場から整備された緩い傾斜の登山道を5分も歩けば、いきなり目の前に直下型で落差40mの中林の滝(一の滝)が現れます。これはびっくりしたというか、感動モノの見事な滝です。
迫力といい、水量といい、落差といい、新緑とのマッチングといい、申し分ありません。知る範囲、お勧め度は神庭の滝についで県内No2と言って差し支えないと思います。アクセスも考慮すれば、どなたにでも自信を持ってお勧めできます。

先のことが気になっていたので、撮影は30分程度で切り上げましたが、できれば一時間くらいは滞在したかったです。

関連記事

スポンサーリンク


2014-05-28 04:49 | カテゴリ: 滝、渓流 |     コメント(6) 記事の編集】 
月額972円(税込)からLTE高速通信が使える「OCN モバイル ONE」登場

グレーチャート

管理者のみに表示する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。