鏡野町 十六夜の滝

IMG_0113_1200.jpg
2014.5.21 : Canon EOS 60D / Canon EF-S 10-22mm F3.5-4.5 USM



IMG_0116_1200.jpg
2014.5.21 : Canon EOS 60D / Canon EF-S 10-22mm F3.5-4.5 USM



IMG_0111_1200_2014053101530576a.jpg
2014.5.21 : Canon EOS 60D / Canon EF-S 10-22mm F3.5-4.5 USM



IMG_0106_1200.jpg
2014.5.21 : Canon EOS 60D / Canon EF-S 10-22mm F3.5-4.5 USM


十六夜の滝、なかなかシャレた名前ですね。高校生が名づけたそうですね、十分には浸透していないという話も聞きますが、案内板もありますし、案内マップにも記載がありますので、いずれ浸透していくんでしょう。

高校生というのは津山高校の山岳部の面々という話です。彼らにとっては、ここ泉山は練習場というか裏山なんでしょうね。我が家の愚息も高校生時代には山岳部に所属していましたので、どんな競技をするのか、どんな練習をするのか、いくらか聞いています。20kgの荷物を背負って歩くボッカ(歩荷)-富士山の強力さん-の練習はかなりきついそうです。

駐車場から一の滝~二の滝のルートは流れ星ルート、駐車場から天の滝~火の滝~井水山のルートは天の川コース、という名前が付けられています。「十六夜の滝」というネーミングはその流れからの発想でしょうけど、練習中の彼らにとっては、一服の清涼剤だったのでしょうね。見るのもイヤになりそうな直登ルートを登っていると左下に見えるのだそうです。


さて滝なんですが、全部で4段、5m前後の滝が連続しています。滝としては特筆するほどではありませんが、休憩がてらに立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

という私は、途中で道を間違えてしまい、通らなくてもいい直登ルートでエクササイズさせられていたこともあって、体力が回復する間もなく大切な撮影前のお掃除も怠ったまま、惰性で撮影してしまっていました。帰宅してからちょっと後悔しています。。。

関連記事

スポンサーリンク


2014-05-31 02:25 | カテゴリ: 滝、渓流 |     コメント(0) 記事の編集】 
月額972円(税込)からLTE高速通信が使える「OCN モバイル ONE」登場

グレーチャート

管理者のみに表示する