スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーリンク


-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告 |   記事の編集】 

鏡野町 火の滝

IMG_0136_1200_20140601070956117.jpg
2014.5.21 : Canon EOS 60D / Tamron SP AF17-50mm F2.8 (A16)


IMG_0130_1200.jpg
2014.5.21 : Canon EOS 60D / Tamron SP AF17-50mm F2.8 (A16)


IMG_0125_1200.jpg
2014.5.21 : Canon EOS 60D / Canon EF-S 10-22mm F3.5-4.5 USM


火の滝は、落差50mとされる大きな滝です。見上げると確かに大きな滝なのですが、「火の滝」という名前から連想されるような勢いとか激しさは感じませんで、岩の上を滴るように落ちてきていて案外おとなしい感じの滝でした。いわゆる「迫力」は、思ったほどではなかったです。疲れと差し迫る時間のせいもあってか、撮影アングルを探し出すこともできませんでした。

今回は上流からアプローチしてきたのですが、滝の右岸を高巻くルートはかなりの急勾配で、ロープや鎖が用意されています。これを登るか下るかどちらがいいかといわれたら、下るほうが楽でしょうかね。危険はさほど感じませんでしたが、慣れない方にはちょっと厳しいかもしれませんね。

上流から右岸側を降りてきて、滝の前を渡渉して、左岸側を下っていくのが正規のルートのようなのですが、左岸側に渡ると道が消えてしまいました。後で分ったのですが、歩道が倒木とその枝葉で覆われていて綺麗さっぱり隠されていたようです。それさえ間違わずに迂回すれば、素人でも迷うようなルートではないです。

関連記事

スポンサーリンク


2014-06-01 07:20 | カテゴリ: 滝、渓流 |     コメント(0) 記事の編集】 
月額972円(税込)からLTE高速通信が使える「OCN モバイル ONE」登場

グレーチャート

管理者のみに表示する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。