スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーリンク


-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告 |   記事の編集】 

ベルボン ジオカルマーニュ E545M

IMG_3232_0600.jpg


つい先日、Velbon SHERPA 445Ⅱを買ったばかりなのですが、またもや GeoCarmagne E545M という、カーボン三脚を買ってしまいました。
http://www.velbon.com/jp/catalog/geocarmagnee/geocarmagnee545m.html


そもそも SHERPA 445 は、リュックにくくりつけて移動して滝撮影に使う予定でした。滝の撮影というのは、ちょっとした山登り(歩き)あり、ちょっとした沢登り(歩き)あり、ブッシュの中のヤブコギあり、踏み跡程度の道とはいえないようなところを進む事もあり、倒木の上によじ登ったり下をくぐる事もあり、ロープを使って急斜面の登り降りあり、それぞれ本格的ではないにしろ一通りの厳しい道のりを進んでいかなくちゃならないことが多いのです。そして撮影は、岩場での撮影、急斜面にへばりついての撮影など、三脚を立てる環境の条件は決して一般的でなく、そしてスローシャッターです。

そんなものですから、携行する三脚は少しでも軽く、それでいて一眼レフがブレないようにがっちり受け止めることが出来る頑丈さが必要です。それを求めて SLIK SprintoPro、Velbon SHERPA 345、そして SHERPA 445 と試してきましたが、どうしても不安が拭いきれず、少々ムリして Velbon ElCarmagne 630 を携行してしまっています。1時間程度の山歩きならこれでもいいのですが、バッグに取り付けられない三脚を携行すると、どうしても片手がふさがります。これでロープワークをするのは危険なので、ストラップを使ってなんとか両手が空くようにしています。

そういった状況なので、445 と 630 の間の 500番台を調達してみました。
ベルボンの三脚の品番は分りやすい。カルマーニュシリーズでは、最も太い脚の径が 36mm が 8xx、32mm が 7xx、28mm が 6xx、25mm が 5xx、22mm が 4xx となっています。3段脚は x3x、4段脚は x4x、ナットロックは N、レバーロックは E が品番の先頭に付いて区分されています。
カルマーニュというのは Carbon+Magnesium = Carmagne という造語の名のとおり、脚はカーボン製、金属部分はマグネシウム製です。シェルパシリーズは軽量アルミの製の脚です。

GeoCarmagne E545M の購入に当たって不安だったのは、脚が4段ということで一番細い脚はかなり華奢になってしまう点でした。現物を計ってみますと、太いほうから約 25-22-19-16mm となっています。不安はありながらも 445 よりはいいだろうという思いはありましたが、実際に購入前に検証をしていただきました。無風という条件で、APS-C 200mm まではライブビュー(ミラーアップ)で問題なくクリアに写せるという実験結果を頂きまして、購入に踏み切りました。


以下個人的な主観による感想です

1.操作性)
2.雲台の使用感)
3.剛性感・安定性)
4.重量感・携帯性)
5.収納性)
6.その他の感想)



操作性)
脚をロックするのにナット式とレバー式がありますが、脚の長さの調節のしやすさを重視して、レバー式にしました。慣れもあって使いよいです。でも3段に比べて4段ですから操作するレバーが単純に多いのは面倒です。多少引っかかる場合もありますので、それが嫌な場合はナット式を選べばいいでしょう。

脚を伸ばす時アルミ製と違ってカーボンは手で引っ張ってやる必要があるのが面倒。でも長さが適当で、ウレタン部分を左手に持ち、脚の先端を右手で持つと一回の操作で完全に伸ばせるのはうれしい。

石突きがあるのは非常にありがたい。滝撮影の現場では、必須とまでは言わないまでもあれば便利です。

足を全部伸ばして、エレベータを使わない高さを比較するとこんな感じです。意外と美しい。
IMG_3221_0600.jpg


左から、SHERPA 445Ⅱ(1276mm)、GeoCarmagneE545M(1369mm)、ElCarmagne630(1390mm)、Manfrotto 055XB + HUSKY 3D(1525mm)。身長170cmの自分にとって、545 を利用した時のファインダーの高さはやや低いのですが、一眼レフのカメラは上部にモードダイヤルや設定ボタンと液晶などが付いています。630 ではこれらの確認が厳しいのですが、545 ではスムーズに出来ます。ですのでこの条件での操作性は 545 のほうが良いです。



雲台の使用感)
実は雲台は単体で先立って購入し、630 に載せて使っておりましたので、特に違和感はないです。カタログスペックではコマ締めではなく割り締めのようですから、パン棒を締め込むと理論的にはフレーミングがずれるはずです。ですが、200mm 程度であればさほど気になることもなく、少なくとも 630 純正の PHD-460B に比べると、同じ割締めでもかなり使いやすく感じます。
水準器が付いていますが、これはあまりアテにしないほうがよろしいでしょう。
またクイックシューが標準で装着されています、というか、イヤでもクイックシューを使用しなくてはいけません。個人的には2台のカメラともベルボンのクイックシュー QRA-635L を使っていますのでありがたいところです。クイックシューを使いたくなければ、雲台を交換するしかありません。



剛性感・安定性)
カーボンの脚はアルミのそれに比べて軽いというメリットが取りざたされますが、それに加え「振動の吸収(収まり)が速い」、「しなり、たわみが少ない」という点もメリットとして挙げられます。SHERPA 445 と比べてその点は強く感じます。ただ4段ということで、630 と比べるとちょっと不安ですが、換算 200mm の範囲内では、あまり気にすることはないという実験結果を得ています。



重量感・携帯性)
これはそれなりとしかいえません。所有する三脚の総重量は 445・545・630 それぞれ 1530g・1710g・2200g ですので、まあそれなりです。片手で振りまわせるので決して重いとはいえませんが、滝撮影に携行する理想からすると、ちょっと大きいような気もします。



収納性)
4段ですから収納性は高いといえます。レバー式ですのでちょっと引っ掛かりやすい面はありますので、これが気になるならナット式の脚を選択すればいいでしょう。個人的にはレバー式が好きなのでこちらを選択しました。縮長を比べるとこんな感じです。
IMG_3225_0600.jpg

左から、SHERPA 445Ⅱ(480mm)、GeoCarmagneE545M(555mm)、ElCarmagne630(673mm)、Manfrotto 055XB + HUSKY 3D(760mm)。

バッグに装着したらこんな感じになります。上から、ロープロ フリップサイド 300、400AW、バンガード アップライズ 45に装着してみました。フリップサイド400AW以外はちょっとアンバランスです。
IMG_3228_0600.jpg


IMG_3229_0600.jpg


IMG_3231_0600.jpg


バッグに装着する際、レバーロック式の脚はバッグの脚袋に入れるのがちょっと面倒です。そしてどの脚袋にも三本は入りません。



その他の感想)
今回の GeoCarmagne E545M の選択に当たり、個人的にはブランドの選択の余地はなくベルボンしか購入するつもりがありませんでした。それはこれまでの製品に対する信頼と使いやすさ、そして時々電話で直接相談することがあるのですが、メーカー対応のよさからで、他のブランドを選ぶ余地は全くありませんでした。

しかしながら各社から同等の性能の製品が発売されていますので、選択肢は広げておくのが一般的でしょう。スリック 724EX 、マンフロット 190、バンガード、ベンロ など、いろいろあります。個人的なお勧めは、多少の値段の差であれば、特に精度を要求する製品は出来れば日本製、もしくは日本ブランドです。少なくとも気持ちの上では、安心して利用できるでしょう。



      



関連記事

スポンサーリンク


2014-08-08 05:25 | カテゴリ:散財日記・お試し記録 |     コメント(4) 記事の編集】 
月額972円(税込)からLTE高速通信が使える「OCN モバイル ONE」登場

グレーチャート

管理者のみに表示する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。