スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーリンク


-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告 |   記事の編集】 

奈義町 黒滝

黒滝は那岐山の登山道から 200m ほど逸れたところにある、落差10m程度の綺麗な滝です。普段は水量が少ないといわれていますが、今回は雨の後でかなりの水量がありました。沢登りをされる方々からは、「ハング滝」とか「アントラーズの滝」と呼ばれることもあるそうです。

滝の前は引きがとれませんので、やむなく水しぶきを受けざるを得ません。この日は空模様があまりよくなくて、しぶきと見分けが付かない程度の小雨もぱらついていました。次第に雨足が強くなってきたので、滝の前で50分ほど戯れてから下山しました。

IMG_0665_1200.jpg
2014.8.27 : Canon EOS 60D / Tamron SP AF17-50mm F2.8 (A16)



IMG_0693_1200.jpg
2014.8.27 : Canon EOS 60D / Tamron SP AF17-50mm F2.8 (A16)



IMG_0678_1200.jpg
2014.8.27 : Canon EOS 60D / Tamron SP AF17-50mm F2.8 (A16)



IMG_0675_1200.jpg
2014.8.27 : Canon EOS 60D / Canon EF-S 10-22mm F3.5-4.5 USM



アクセスはいたって分りやすいのですが、山歩きに慣れていない者にとっては、結構厳しい道のりです。蛇淵の滝の前の駐車場から約 1.7km、高低差300m強、私の貧弱な脚力で約1時間かかりました。途中までは左に渓流を見ながら軽快に歩を進めていたのですが、渓流から離れるあたりからやや急な坂道になりまして、休憩に次ぐ休憩を取りながら登るとこんな感じになりました。

DSCF2829_1200.jpg



岡山県の南側から那岐山山頂への登山道は大きく分けて3コースあります。Aコースは近所の菩提寺の脇がスタート地点、B・Cコースは蛇淵の滝のそばにある駐車場がスタートとなり、すぐに枝分かれして、右がBコース、左がCコースとなります。Cコースは比較的陽が当たる明るい登山道、Bコースは途中まで渓流沿いに続く比較的陽の当たらないコースです。漏れ聞く話によると、Cコースを登りBコースを降りる、もしくはCコースを登ったあと西の滝山山頂へ縦走する登山者が多いという話です。


DSCF2812_0600.jpg


黒滝は、Bコースの5合目の看板を越えて現れる山頂と黒滝との分岐を案内に従って黒滝方向に5分程度下れば見ることができます。この下り道には一部鎖が設置されています。下りではこの鎖を頼ったほうがいいでしょう。

黒滝まで登ったら、できれば頂上まで登ってCコースを戻ってくることをお勧めしますが、私は滝からとんぼ返りしました。




実は2005年に那岐山山頂に登ったことがあります。このときはCコースを登りBコースを下山しました。途中の大神岩でかなり遊びましたので、山頂までは2時間45分かかっていました。
IMG_5188_0600.jpg


関連記事

スポンサーリンク


2014-09-01 00:02 | カテゴリ: 滝、渓流 |     コメント(0) 記事の編集】 
月額972円(税込)からLTE高速通信が使える「OCN モバイル ONE」登場

グレーチャート

管理者のみに表示する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。