スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーリンク


-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告 |   記事の編集】 

トレッキング ポール

IMG_1131_0600.jpg

トレッキングポールといわれる、いわゆる「杖」を買って試してみました。結論から言うと病み付きになりそうです。

これまで興味を持ったことは何度かあったのですが、「何もそこまでしなくてもいいだろう」とか「実際に買って試してみるほどお小遣いは余っていない」とか「邪魔になるだけだろう」とか、買わない理由を探してやり過ごしてきていました。

最近NHKで放送されているグレートトラバースで、田中陽希さんが使っているのを見て、こんな頑強な兄ちゃんでも使うのなら、実際に効果があるに違いないと妄信しました。

ということで試しに、脚が一本壊れて放置していた SLIK SprintPro の生きている脚をはずして、滝山と那岐山の黒滝で使ってみました。元々三脚の脚なので、強く押し込むと脚が縮んでしまうので気をつけなくてはなりませんが、案外いい感じに使えました。三脚を手に持って移動する事もあるので邪魔になるだけかとも思いましたが、そのときは杖をバッグの三脚ホルダーに挿しておけばOK。ということでほとんど邪魔にならない。

という試行を経てやっと購入に至りました。
実際に購入したのは、「DABADA 軽量アルミ製 トレッキングステッキ トレッキングポール」でした。T型とT&I型とI型と、どれにするかは悩みました。登りはI型、降りはT型とも言われるらしいのですが、ストラップを上手く使えばI型を降りで使えそうなので、オーソドックスにI型二本のセットを買いました。

重量と素材もかなり気にしました。アルミ(金属)で250g以下という条件です。三脚の脚が一本200gで、これに錘を付けていって、300gは結構重いと感じました。またトレッキングポール本来の使用目的でない使い方をする事も十分考えられますので、カーボンより金属製を、そして壊れたら買いなおす覚悟でお安いものを。

そして実践投入です。
場所は山登りではなく、山乗渓谷の沢登、篠坂のお滝さんでのヤブコギ・岩場の沢登り・急斜面のトラバース。一般的なトレッキングに比べると、時間や距離は短いですが、条件はかなり過酷です。その使用感は「便利」「楽」という印象が強かったので、自信を持ってお勧めできると思って記事にしました。



     


関連記事

スポンサーリンク


2014-10-03 02:05 | カテゴリ:散財日記・お試し記録 |     コメント(2) 記事の編集】 
月額972円(税込)からLTE高速通信が使える「OCN モバイル ONE」登場

グレーチャート

管理者のみに表示する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。