真庭市 中和村 虹の滝 (下の夫婦滝)

虹の滝は山乗渓谷にかかる滝で、落差約10mの夫婦滝です。5号橋から遡ると、大岩滝の上流に見えてきます。大きな滝はないですが、変化に富んだこの渓谷の中では、個人的には最も感動的な滝でした。言い換えれば滝らしい滝といえるかもしれません。

向かって右の筋の一番下のところが三条に割れているのが特徴的です。水量が多ければ二条になるようで、今回の状況は、滝を鑑賞するには適当な水量だったいえるでしょう。そしてもう既に紅葉が始まりかけていました。

IMG_1073_1200.jpg
2014.10.1 : Canon EOS 60D / Tamron SP AF17-50mm F2.8 (A16)



IMG_1065_1200.jpg
2014.10.1 : Canon EOS 60D / Tamron SP AF17-50mm F2.8 (A16)



IMG_1074_1200.jpg
2014.10.1 : Canon EOS 60D / Tamron SP AF17-50mm F2.8 (A16)



IMG_1082_1200.jpg
2014.10.1 : Canon EOS 60D / Canon EF-S 10-22mm F3.5-4.5 USM



アクセスは、大岩の滝を参考にしてください。大岩の滝の右岸側を大きく高巻いて大岩の上に出て、そのまま沢に沿って遡行していくとすぐに見えてきます(2枚目の状況)。また県道を歩いていればこの滝を県道から見下ろすことが出来ますので、最短のアクセスルートは県道から直接急坂を下ってアプローチするルートです。ですが個人的にはお勧めしません。下流から登ってくることを強くお勧めします。

このあと、虹の滝の左岸側を登って行きます。その途中で撮影したのが4枚目。目の前の枝が邪魔になったのですが、なんとか状況は分るでしょうか。

今回この滝は「虹の滝」と紹介していますが、「下の夫婦滝」とも言われます。この上流に「上の夫婦滝」があるからです。その間の距離は100mあるかないか、下の夫婦滝の上に登れば上の夫婦滝は見えています。

関連記事

スポンサーリンク


2014-10-05 00:02 | カテゴリ: 滝、渓流 |     コメント(2) 記事の編集】 
月額972円(税込)からLTE高速通信が使える「OCN モバイル ONE」登場

グレーチャート

管理者のみに表示する