鏡野町 奥の畑谷の滝

奥の畑谷の滝は、3本の連続する滝です。最下流の一の滝は幅・落差ともに8mの滝、二の滝は落差10mでまっすぐに滑り落ちる滝、三の滝は途中で直角に曲がる落差20mの滝です。同時に全体を眺めることが出来ないので、残念といえば残念です。

上流から掲載します。

- 三の滝 -

IMG_1445_1200.jpg
2014.10.8 : Canon EOS 60D / Canon EF-S 10-22mm F3.5-4.5 USM



IMG_1448_1200.jpg
2014.10.8 : Canon EOS 60D / Canon EF-S 10-22mm F3.5-4.5 USM



IMG_1453_1200.jpg
2014.10.8 : Canon EOS 60D / Canon EF-S 10-22mm F3.5-4.5 USM




- 二の滝 -

IMG_1441_1200.jpg
2014.10.8 : Canon EOS 60D / Tamron SP AF17-50mm F2.8 (A16)



IMG_1455_1200.jpg
2014.10.8 : Canon EOS 60D / Tamron SP AF17-50mm F2.8 (A16)




- 一の滝 -

IMG_1468_1200.jpg
2014.10.8 : Canon EOS 60D / Tamron SP AF17-50mm F2.8 (A16)



IMG_1460_1200.jpg
2014.10.8 : Canon EOS 60D / Tamron SP AF17-50mm F2.8 (A16)



アクセスは難儀なような、そうでもないような。
まずは奥の畑谷という谷を見つけるのが厄介です。地元の方でも知っている人もいれば、まったくご存じない方もいました。さらに県道から見た限りでは、その谷の上流に滝があるなんて想像も出来ないような、石積みの護岸整備がされています。

DSCF3345_0600.jpg

岩屋の森から、県道75号線を300mほど南下すると、石積みの護岸を持つ沢が東の山から流れ落ちてきています。この沢の上流に目的の滝があるわけです。アプローチは、この谷より30mほど北に東に入るコンクリート敷きの車道からです。地主の方が付けた山への作業道路だそうです。途中に猪避けのフェンスがある場合もありますが、この道を進めば一の滝の目の前まで車で行けます。ただし、どこでスタックするか分らないような状況なので、私は歩いていきました。歩いても県道から一の滝まで10分もかからなかったと思います。

一の滝から二・三の滝はほぼ連続しています。単純に滝を登るか、滝の脇を高捲きながら登るか、ルートファインディングとしては興味深いところですので、詳細は割愛します。怪我のないようにお楽しみ下さい。

さらに、この谷を登れば、奥の畑滝という名のある滝に到着できるようです。沢の麓で作業をされていたおじさんに尋ねると、かなり大変だという話でしたので、下の三本だけでいいことにしました。

関連記事

スポンサーリンク


2014-10-14 00:01 | カテゴリ: 滝、渓流 |     コメント(0) 記事の編集】 
月額972円(税込)からLTE高速通信が使える「OCN モバイル ONE」登場

グレーチャート

管理者のみに表示する