スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーリンク


-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告 |   記事の編集】 

おかいもの

昨年末からどうもよくないことが続いており、個人的な気運も上昇の見通しが立たない今日この頃、半ばヤケクソの気持ちでお買い物をしました。ネットでポチりました。ヨドバシカメラのネットショップであります。なんとまだ商品が手元に届いていない状況でレポートであります。。。

買ったのはコンデジ、特に必要なわけではないのですがなんとなくむしゃくしゃするので買いました。
明確な使用目的があるわけでもなく、お金に余裕があるわけでもないので、意味はないけど予算はなんとなく15000円まで。


実は欲しいコンデジがあったのですが、待てど暮らせど手に届く範囲まで値段が下がりません。百年経っても無理そうです。Canon Powershot SX50 HS という50倍ズーム、24-1200mm という、ムチャクチャな超望遠レンズです。何も他人の家を覗き見するとか、そんな目的ではないのですが、1200mm というと意味なく使ってみたいという衝動がなかなか抑えきれませんで悶々としておりました。値段の問題もあるのですが、ネオ一眼という一眼レフライクな図体がどうも受け入れ切れなくて最後の一線は越えずに本日に至ります。

野鳥撮影とか朝日夕日の撮影とか盗み撮りとか、確たる使用目的があればその図体も問題にはならないのですが、残念ながら確たる使用目的はなく、オールマイティーに使え、さらに日ごろの憂さ晴らしのお買い物としては適当な製品ではないのです。



他にも欲しいコンデジがありまして、Canon Powershot S110 という薄型コンパクトなカメラです。24-120mm というレンズで、スナップにはちょうどいいのです。ある程度オールマイティーに使え、一眼のお供として記録撮影をするにもつかえそうな感じで、写りもそこそこいいといわれます。S90 から始まったこのシリーズは、実は何度我慢したか分りません。新製品が出るたびに毎度毎度ぐっと耐え忍んでおりました。
でも一眼のお供には中古で買った Sony TX5 を使っていて、これ以上の利便さは見出せません。そしてテレ側のレンズの暗さが気に入らないという一点だけに難癖つけて、一線を越えずに耐え忍んでします。実用上問題あろうとなかろうと、そういう問題ではないのでして。。。

ちなみに TX5 は、少々ホワイトバランスが好みではありません、でも、記録と割り切れば十分使用に耐ええます。後継として TX10、TX20 が発売されていますが、Sony のカード型カメラ T シリーズはもうこれで打ち切りではないかといわれています。私の TX5 がいつまで使えるか分りません、Sony の持病でないかと思われる、手ブレ補正が不調を起こすのは時間の問題でしょう。以前使っていた T9 も手ブレ補正の誤動作で、電源を入れるたびにブルブル震えて使い物にならなくなりました。でも T9 には手ブレ補正 OFF というボタンが付いていて、こいつを押したまま電源を入れることで、ごまかしながらもつかえないことはありません。
ジャンクで売りさばくのも忍びないので、一応手元には記念品として置いてありますが、あまり使うことはないでしょう。

T シリーズがなくなってしまったあとは、中古で TX20 を狙うか、軽くてサクサク動く casio の薄型フルオートコンデジにするような気がします。Canon の操作性はあまり好きじゃないですが、オートオンリーで使用するというのなら Canon IXY というのも候補としてはありですかね。

さらにちなみに、S110 のレンズの欠点を補うカメラとしては Canon Powershot G15 というのがよろしいと思ってます。F1.8-2.8 となかなかのスペックですが、値段はそんなに高いわけでもないです。ただし、コンデジにしてはちょっとデカくて重い。常時カバンの中に入れておくのであれば問題になることは無いと思います。速写性・携帯性が我慢できるなら、総合的にはこの G15 が一番よさそうな気がします。速写性・携帯性を重視するなら、Sony T か casio という感じでしょうか。




そういう状況の私がカカクコムをボ~っと眺めていましたら、Canon Powershot SX260 HS という、なんだか怪しそうで中途半端なカメラに目が行きました。25-500mm という、今では中途半端な望遠です、レンズは暗くて中途半端。やや重くて一回り大きいので携帯性も中途半端、でも安い (^^)/ 
 発売から一年が経ち、35000円スタートの製品が現在は15000円程度まで落ちてきています。末期モデルで、いわゆる底値に近い投売り状態です。

コンデジにしては一回り重くて大きいのでポケットは厳しいかもしれませんが、まあ手になじむ程度のサイズと言って言えなくもないです。

似たような製品に、SONY DSC-HX30V、Panasonic DMC-TZ30 というのがあります。どのモデルも末期~型落ちで、値段も似たようなものです。
http://magazine.kakaku.com/mag/camera/id=815/


さあ比べてみましょう、実機なしでネット情報だけからの考察ですのでいい加減なものですが、高いお買い物をするには事前に情報を十分吟味して、少なくとも自己満足的納得は得ておく必要があります。

動画は必要か?
私は必要ではありません、あってもいいですが使わなくても大丈夫です!
この段階で、Canon 一択でもいいのですが。。。

静止画の画質は重視するか?
所詮コンデジなので、画質がどうこう言っても仕方がないのですが、やっぱり重視したいです。
ISO800 までは使いたいですので、よく研究しましょう。
Panasonic は、解像感は良好だが粒状感も残っている。まあ使えるかな。
Canon は、やや解像感は落ちるものの、コントラストや発色がニュートラルで良い(好み)。レタッチもやりやすいし、SX260 は色合いの調整もかなりできるので、個人的にはこれがいい。DIGIC5 はやっぱりすごいと思わされる。
SONY は、個人的には論外お話になりません。リサイズすれば解像感があるように見受けられるのですが、素材がまるでダメ。この割り切りにはある意味敬意を表しますが、残念ながら私の求めるものではありませんです。ということで、Sony 却下。

操作感は?
これは知る範囲 RICOH が一番好き(CX4 を愚妻に渡してます)、その次が Panasonic。Canon は基本に忠実とはいえ、個人的には好きではありません。
まずは、カスタム登録が出来ないというのはどうにもこうにも最低です。シーンモードなんかいらんから、カスタム登録を3つほどさせてくれませんかね。AutoISO上限設定が出来ないのも DIGIC5 に自信がありすぎるのか、個人的にはとても不満です。Canon の仕様は、素人が間違ってカメラの性能以下の写真を撮るのを避けようとしているような気がしてなりません、ばかにすな!!
オートでもいいのですが、一般的には P モードか Av モードを使うことが多いでしょう。私は Tv モードで使ってみようかなと思ってます。絞りは常時開放でOK。Tv を設定することで ISO をコントロールできるんじゃないかとの皮算用です。どうかな?・・・

デザイン(重量・サイズを含む)、質感は?
デザインは Panasonic は好ましいですが、質感は Canon のほうがよさそうです。
このあたりは少々どっちでもいいのですが Canon に分がありそうです。

レンズ性能?
望遠端 20mm の差と、微妙に違う明るさ、どっちも似たり寄ったり。どうでもいいや。

手ブレ補正性能?
使っていないので、わからん。たぶん似たり寄ったりだと思う。

AF性能?
わからん、でも Canon のほうが遅いような気がする。

起動性能?
たぶん Canon が微妙に早い、とおもう。

バッテリー
サブバッテリーを買えばいいのかもしれませんが、当面なしで行こうと思ってます。
充電は車の中で、シガーライターからインバータ経由で充電します。
Canon は充電器が付属していますが、Panasonic は充電器がないので本体にUSB直結で充電、さらに充電時間は Canon に比べてかなり長い。

ここらあたりで Canon にしようかなという気になってきました。
実機には一度も触っていないけどポチりました。
ポチッたあとからですが、私はなぜこれを買わなくてはならなかったのか、分らなくなってしまいました。う~ん・・・、自問自答するも、自分を納得させるだけの答が見つかりません。こうして書き綴りながらも答が見つかりません。。。

早ければ明日には届くと思うので、使ってみた印象はまた追ってアップさせていただきます。
買わないといけなかった答が見つかるかもしれません・・・


IMG_1001_1200.jpg


関連記事

スポンサーリンク


2013-02-20 05:19 | カテゴリ:散財日記・お試し記録 |     コメント(0) 記事の編集】 
月額972円(税込)からLTE高速通信が使える「OCN モバイル ONE」登場

グレーチャート

管理者のみに表示する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。