スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーリンク


-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告 |   記事の編集】 

Canon Powershot SX260 HS

表題のカメラ、勢いで買ってしまいました。こんなカメラです。
http://cweb.canon.jp/camera/dcam/lineup/powershot/sx260hs/index.html
http://review.kakaku.com/review/K0000339869/#tab


特徴はコンパクトなボディに、25-500mm の光学ズームレンズを装備しているということです。そして、画像エンジンとして評価の高い DIGIC5 が搭載されています。これで、500mm を ISO800 で手持で撮れるということになり、日中屋外であればかなりのことができると思います。

購入のきっかけはこちらへ

早速いろいろ試してみました。
まずは、屋内蛍光灯下での手持撮影のサンプルです。
IMG_0009_1200-1.jpg
ISO1600,F6.8,1/13sec., @500mm,WB=蛍光灯 Resize to 1200*900



IMG_0009_1200-2.jpg
ISO1600,F6.8,1/13sec., @500mm,WB=蛍光灯 等倍切り出し



等倍では厳しい面はあろうかと思いますが、これで ISO1600 @500mm 手持、考えられません。コンデジの画質としては、これでケチをつけたら使えるカメラはごく限られてくるでしょう。画質は十分満足と言ってよいと思います。

WB も非常に良好、DIGIC4 の EOS 5Dmark2、EOS 60D では、蛍光灯下での色の再現性は「WB=蛍光灯」では不満足だったので、マニュアルホワイトバランスで撮っていました。DIGIC5 ではそんなことをする必要はないようです。

手ブレ補正も実用の範囲です、AF 速度も特に違和感を感じません。少なくとも EF-S55-250mm よりも早いです。

撮影~鑑賞について、実用の範囲では十分な性能を持っているといって差し支えないでしょう。
細かい点や、便利機能、操作性の問題など、全く注文がないわけではありませんが、静止画に関する基本機能に関しては十分満足できると申し上げてさしつかえないと思います。



では今度は実際のフィールドに出て撮影したサンプルです。Pモード、-0.3EV でカメラ任せの撮影ですので、比較にはあまり適切ではありませんが、カメラのデフォルト設定とお考えいただければよろしいかと。おそらく実際の使用場面に近いものになると思われます。
以下 4000*3000 で撮った画像を Photoshop で 1200*900 にリサイズだけしたものです。リサイズ後のシャープネスも施していません、いわゆる無加工状態です。

IMG_0017_1200.jpg
ISO100,F3.5,1/125sec., @25mm



IMG_0018_1200.jpg
ISO800,F6.8,1/100sec., @500mm



IMG_0019_1200.jpg
ISO800,F6.8,1/120sec., DigitalZoom @1000mm



IMG_0020_1200.jpg
ISO800,F6.8,1/160sec., DigitalZoom @2000mm



上のように、やろうと思えば換算 2000mm の画角まで撮る事が可能です。現実的には後でトリミングしたほうがよろしいかとは思いますが、すごいものです。

上のサンプルは三脚も使わず、何の補助もなしで立ったままの状態で普通に撮ったもので、実際の運用に近いものです。その分いくらか手ブレもあると思います。
おそらく三脚を使って ISO100 であれば、@1000mm でも使用に耐え得そうな感じですが、通常の手持なら @500mm にとどめておいたほうがよさそうです。比較的大きなポケットであれば入れておくこともできるサイズのカメラで、手持で @500mm がホイホイ撮れるというのは驚異的です。お値段は 15800yen(送料込み)、末期モデルで投売り状態でしょう、これはお勧めです!!

より画質を求めるならば、Powershot G15 が良いでしょう。

画質と携帯性の両立を求めるなら、Powershot S110 をどうぞ。

@1000mm が必要なら、素直に Powwrshot SX50HS を購入するのが吉でしょう。

そこそこの画質で、そこそこの携帯性で、そこそこの望遠が欲しいぞ、という場合には、中途半端な Powershot SX260hs を、自信を持ってお勧めいたします。



サンプルの最後は、手持ですが ISO100 で撮ったもの、こちらもリサイズだけです。
IMG_0013_1200.jpg
ISO100,F6.8,1/160sec., @500mm



IMG_0014_1200.jpg
ISO800,F6.8,1/200sec., DigitalZoom @1000mm




画質的には概ね満足というところですが、気に入らない部分も書いておきましょう。ただしどれをとっても些細なことであって、大して問題になるものではありません。良し悪し順不同で箇条書きで列挙します。

・撮影モードを登録できないのはとにかく不便この上ない。

・設定等の操作性に関しては、今回改めて使用してみてさほど悪くはないという印象を持った。でも撮影モードを登録できないのは、とにかくまずい。

・背面ジョグダイヤルを回す際に、どうしても右横を触る頻度が増えます。この際意図せずとも押下してしまうことがあり、そのたびにストロボがでたり引っ込んだりするのはかなりうっとうしいです。右横のボタンは露出補正か、自分で自由に割り当てできるようにしてもらいたいものです。

・機能は多いという触れ込みを見たことがありますが、そんなに多いことはない。

・光学望遠能力は @500mm までですが、デジタルズームを併用すれば @2000mm まで使用可能です。そのうち 2.0x の 1000mm までは「プログレッシブファインズーム」と言って、画像劣化を押さえたデジタルズームが出来るという触れ込みです。これを真に受けるかどうかはムニャムニャ~

・望遠操作には、デジタルズームONにして単純に 25-2000mm で操作する方法と、テレコンONにして、1.5x=38-750mm か 2.0x=50-1000mm としてズーム操作する方法があります。テレコンと言ってもデジタル処理なので画像劣化はやむをえないのですが、同じ 500mm の画角で撮るにしても、テレコンを使って 500mm で撮れば、それが 2.0x であれば正味光学 250mm の開放F値で撮ることができるので、幾分シャッタースピードを稼げる理屈にはなる。どう使うかはユーザー次第というところでしょうが、ものぐさな私はいちいち設定するのが面倒、戻すのはもっと面倒なので、あまり使わないかもしれません。撮影設定の登録が出来れば積極的に使うような気がします。

・電子水準器はあって欲しいです。

・マニュアルフォーカスが出来るのなら、無限遠固定という設定を設けて欲しい。設定で出来ないことはないのですが、できれば独立させておいて欲しいなぁ。

・デザインはあまり問題ないと思った。Panasonic TZ-30 に比べると見た感じ、触った感じがおもちゃっぽくないです。多少大きくて重いのだけど、腰にぶら下げるとすればまあ許容範囲じゃないでしょうか。さすがにシャツの胸ポケットに入れておくのは無理があるでしょう。


とりあえず思いつくのはこんなところ、結論としては買ってよかった。いいおもちゃにはなりそう (^^)
でも何の目的で買ったのか、買う必要があったのか、などというお堅いことは一切不問にしてもらうしかありません。おもちゃ、そうおもちゃを買っただけのことなんです (^^;


      



そうそう、
蛇足ではありますが SX260hs を購入した翌日、Canon さんからこんなお手紙を頂きました。
ゴールドキャッシュバックキャンペーン

SX260hs は対象外です、良かったというかなんというか微妙です。
それにしても Canon のホレホレ攻撃にはなんとも参ってしまいます。これまで何度そのホレホレ攻撃に食いついてしまったものか・・・


関連記事

スポンサーリンク


2013-02-21 22:32 | カテゴリ:散財日記・お試し記録 |     コメント(2) 記事の編集】 
月額972円(税込)からLTE高速通信が使える「OCN モバイル ONE」登場

グレーチャート

管理者のみに表示する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。