スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーリンク


-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告 |   記事の編集】 

美作市 作東町 滝谷の滝

美作市旧作東町の角南影にある滝谷の滝へ行ってきました。
上の滝と下の滝と二本あります。下の滝2枚と、上の滝1枚をアップします。


下の滝二段目の滝壺より二段目と三条に落ちる一段目。
作東滝谷下の滝_2
2013.2.28 : Canon EOS 60D / Tamron SP AF17-50mm F2.8 (A16)



下の滝は三段になって落ちきています、その二段目と三段目。
作東滝谷下の滝_1
2013.2.28 : Canon EOS 60D / Tamron SP AF17-50mm F2.8 (A16)



黒い岩肌を落ちる様子が荒々しくて見ごたえあります。



上の滝
作東滝谷上の滝
2013.2.28 : Canon EOS 60D / Tamron SP AF17-50mm F2.8 (A16)



しとやかに流れ落ちる滝です。下の滝よりも開けています。下の滝ではGPSを測位できませんでしたが、上の滝では測位できました。


どちらの滝も落差は 10~15m 程度の滝です、もう少し水量があればと思いますが、このあたりの地域であればかなり雨が降らないと難しいかと思います。下の滝が雌滝、上の滝が雄滝とも呼ばれるとの事ですが、私としては下の滝が荒々しい雄に、上の滝がしとやかな雌という風に感じ取れました。



さてアクセスですが、たいした事は無いといえばないのですが、倒木が多くて行く手をふさがれてしまった結果、道らしき道はほとんど無いというのが実情でした。

県道46号線から南へ下ること約300m、ここで舗装道路は終わりです。そしてその脇に空き地があって、真っ直ぐ進めば未舗装の林道が始まります。ここに車を置いて歩いていくのも悪くないでしょう。私は轍があったので車で400mほど進み、これ以上は進めないというところで車を降りました(下の写真)。

さてここから歩道のような登りの山道を歩き始めるのですが、なんとも心細い獣道です。200mも進むと倒木でさえぎられまともに進めません。迂回をすると元の道がわからなくなります。ちょうどその頃、左下に滝らしき音がしてきました。20~30m 滑りやすい急な斜面を降りると下の滝の前に到着です。

下の滝の右岸をよじ登って滝の落ち口まで行き、そのまま沢を進むとすぐ目の前に上の滝が見えてきます。下の滝から上の滝までは特に問題はありません。(上の滝の位置

そして帰りが問題です。今にして思えば、車を停めた場所まで素直に沢を下るのがよかったように思いますが、左岸側の山肌の斜面を伝って帰りました。道はほとんどありません。でも右手に谷を見ながら行けばいいので道に迷うようなことはありません。
そろそろいいかなと思って斜面を下ると、停めた車の150mほど下流に出ました。

結構疲れました、たぶん行きも帰りも沢を伝っていくのが無難だと思います。

作東滝谷林道終点
2013.2.21 : Canon SX260hs  撮影位置


関連記事

スポンサーリンク


2013-03-02 03:10 | カテゴリ: 滝、渓流 |     コメント(2) 記事の編集】 
月額972円(税込)からLTE高速通信が使える「OCN モバイル ONE」登場

グレーチャート

管理者のみに表示する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。