兵庫県 神河町 新田不動 雌滝(水ヶ野滝)

新田不動滝は上流の雄滝(千檀の滝)と下流の雌滝(水ヶ野滝)という落差40~50m級の滝が二本落ちていますが、普段の水量は乏しいとの評判です。ところが訪れた日は地元の方からも「この水量とこの青空が揃うのはなかなかめずらしい」と仰せでした。適当な場所に車を停めて整備された滝見道を進むと程なく雌滝の滝下に到着します。10分かからないでしょう。

この雌滝は水ヶ野滝とも呼ばれる落差40mを直瀑に近い二段の滝で、水量があればかなり見栄えがいいです。上段の滝壺は確認できませんが、下段(本滝)の滝壺は正面からは見難いですが左に回れば見えてきます。落差の割にはおちょぼ口の滝壺です。滝の落ち口は上流の雄滝に行く途中に見ることができます、この雌滝の落ち口あたりに「カッパの皿」という見晴台があります。ここからの景色もなかなかよいです。なんだかうきうき気分で、久々の滝スナップにも興じてしまいました(^^)

滝下に到着するまでに2本の脇滝が落ちてきていました。また向かって左手にもそれなりの脇滝が落ちて合流しています。

滝見道だけでなく、入り口辺りにある立派なトイレ、数々の案内標識、よそ者の私にとっては地元の皆様の親切心がひしひしと伝わる心地よいひと時でした。秋の紅葉も美しいとのことですから、雨の後を狙って再訪したいという気持ちになりました。

IMG_7211_1200.jpg
2012.4.4 : Canon EOS 5Dmark2 / Canon EF 24-105mm F4L IS USM



IMG_7375_1200.jpg
2012.4.4 : Canon EOS 5Dmark2 / Canon EF 24-105mm F4L IS USM



IMG_7231_1200.jpg
2012.4.4 : Canon EOS 5Dmark2 / Canon EF 24-105mm F4L IS USM



IMG_7366_1200.jpg
2012.4.4 : Canon EOS 5Dmark2 / Canon EF 24-105mm F4L IS USM



アクセスは比較的簡単です。神河町の根宇野からさらに東~北東に向けて、県道8号線~県道367号線をのんびり走り、最後は県道を逸れて右方向にに進むと「新田ふるさと村」があります。
DSC01788_0600.jpg


上の橋を越えるとすぐ左手に「不動の滝が見えます」という看板が目に入りますので、その先を見やると、おお、すばらしい滝が対岸に見えます。
DSC01784_0600.jpg


DSC01799_0600.jpg


DSC01798_0600.jpg


関連記事

スポンサーリンク


2015-04-19 06:24 | カテゴリ: 滝、渓流 |     コメント(0) 記事の編集】 
月額972円(税込)からLTE高速通信が使える「OCN モバイル ONE」登場

グレーチャート

管理者のみに表示する