スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーリンク


-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告 |   記事の編集】 

兵庫県 神河町 新田不動 雄滝(千檀の滝)

水ヶ野滝の上流に位置する新田不動の滝(雄滝)は、千檀の滝とも呼ばれる落差53mの大きな滝です。残念ながら水量に難があるとされる滝ですが、この日の水量は適量ではないかと思いました。必要以上に露光したスローシャッターでは、水流が白い絹布のようになってしまって、水流の表情がなくなってしまいます。ある程度の水量があれば何通りかのシャッタースピードで撮ってみることができます。

およそ二段の滝と行っていいのでしょうか、上段はいわゆる直瀑、下段は曲がりくねったナメ滝、いい眺めです。上段の滝つぼまで上がってみると虹を見ることが出来ました。ぎりぎり滝壺の上に出ていたので、もう少し登って虹の見える位置をコントロールします。あれこれしていると結構時間がかかってしまい、滞在時間の割りに滝を愛でる時間は少なかったりします。。。


IMG_7247_1200.jpg
2012.4.4 : Canon EOS 5Dmark2 / Canon EF 24-105mm F4L IS USM



IMG_7340_1200.jpg
2012.4.4 : Canon EOS 5Dmark2 / Canon EF 24-105mm F4L IS USM



IMG_7284_1200.jpg
2012.4.4 : Canon EOS 5Dmark2 / Canon EF 24-105mm F4L IS USM



IMG_7303_1200.jpg
2012.4.4 : Canon EOS 5Dmark2 / Canon EF 24-105mm F4L IS USM



さてアクセスは下流の水ヶ野滝から20分程度で、道に迷う心配はありません。
水ヶ野滝の右岸から階段が付いていまして、途中絶壁に近いところの掛けられた階段を登って行きます。142段とのことです。ゆっくり進めば、適当に休憩しながらしっかり手すりを持って進めば、さほどたいした事はありません。ウチの近所の氏神様のお宮の石段が120段ほどですので、びっくりするようなことはありません。ちょっと急なので気をつけておく必要はあるでしょう。

階段を登りきると「カッパの皿」と呼ばれる見晴台があります。ちょうど水ヶ野滝の落ち口のそばです。
ここを過ぎればほぼ平坦な滝見道を、沢に沿って進んでいくだけです。危険はないと思います。

DSC01795_0600.jpg


DSC01810_0480.jpg


DSC01814_0480.jpg


DSC01823_0480.jpg


関連記事

スポンサーリンク


2015-04-22 04:12 | カテゴリ: 滝、渓流 |     コメント(0) 記事の編集】 
月額972円(税込)からLTE高速通信が使える「OCN モバイル ONE」登場

グレーチャート

管理者のみに表示する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。