兵庫県 宍粟市 行者堂の滝

行者堂の滝は、行者堂奥の院にある三本の滝の総称です。それぞれ行者の滝(落差約7m)、空滝(落差15m)、不動滝(落差20m)と呼ばれています。三本を一望することができます。

特に行者の滝は女性的な美しい滝です。しかしながら、空滝と不動滝(特に空滝)は水量がほとんどありません。よほど雨が降らないと滝らしい姿を見るのは困難です。私が訪れた時は一昨日にそれなりの雨が降っていたのですが、空滝はお湿り程度でした。

IMG_7673_1200.jpg
2012.4.5 : Canon EOS 5Dmark2 / Canon EF 24-105mm F4L IS USM



IMG_7678_1200.jpg
2012.4.5 : Canon EOS 5Dmark2 / Canon EF 24-105mm F4L IS USM



IMG_7697_1200.jpg
2012.4.5 : Canon EOS 5Dmark2 / Canon EF 24-105mm F4L IS USM



アクセスはさほど難しくありません、
宍粟市一宮町の国道29号線沿いに、道の駅「播磨いちのみや」があります。この南約一キロのあたりに「行者堂延命水」という大きな看板がありますので、そこを東に向けて曲がります。あとは案内板にしたがって「延命水の取水場」に到着できます。ここから歩いてもいいですし、さらに車で登る事も可能です。
「奥の院参道入口」の石柱の前からは歩いて2分です。

DSC02025_0600.jpg


DSC02016_0600.jpg


DSC02001_0600.jpg
関連記事

スポンサーリンク


2015-05-11 00:01 | カテゴリ: 滝、渓流 |     コメント(0) 記事の編集】 
月額972円(税込)からLTE高速通信が使える「OCN モバイル ONE」登場

グレーチャート

管理者のみに表示する