スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーリンク


-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告 |   記事の編集】 

鳥取県 鳥取市 菅野の滝

菅野の滝は雨滝からそう遠くありません、見ごたえrのある滝でしたが、荒れていました。

滝自体は上の滝と下の滝があり、上の滝は三段で総落差20m、下の滝は二段で総落差25mとされています。今回は上の滝全部と下の滝の落ち口を見ることが出来ました。残念ながら下の滝の正面に出ることは出来ませんでした。下の滝を見るには下流から遡行してくる必要があるようです。


上の滝は上段は末広がりの滝(一枚目)、中段は上段の滝壺から続く綺麗な紋様の渓流滝(二枚目)、下段はぐるっと向きを変えて流れ落ちて来る滝(三枚目)です。上段は右岸から撮りましたが、左岸へ回ったほうが良かったかもしれません。帰宅してから思うのは、なぜ一段目の目の前まで行かなかったのだろうかということでした。あれだけヤブをこいで到着しにもかかわらず、最後の倒木を越えられなかったというのは後悔が大きいです。

- 上の滝の一段目 -
IMG_7952_1200.jpg
2012.5.10 : Canon EOS 5Dmark2 / Canon EF 24-105mm F4L IS USM



- 上の滝の一・二段目 -
IMG_7950_1200.jpg
2012.5.10 : Canon EOS 5Dmark2 / Canon EF 24-105mm F4L IS USM



- 上の滝の三段目 -
IMG_7945_1200.jpg



さてこの滝へのアクセスは、かなり厳しいです。
おおよその位置はネット情報ですぐにわかります。県道37号から西へ斜めに入っていきます。県道から曲がるとすぐにY字に分かれますので左の未舗装の道へ入ります。ここから川沿いに右岸を進むと約600mで右に草ぼうぼうの広場があります。それをまだ進むと道沿いの左側に車一台がやっと停められるスペースがあります。車から降りて谷のほうを見ると真下に上の滝の上段が見えます。ここからどうやって下りていくか、これはかなり厳しいですが何とかなります。頑張れば上の滝の右岸に出られます。かなりの急斜面ですから下りは危険ですが、登りは木の幹・枝・根などを掴んでいけば比較的楽です。

上述の「右にある広場」の手前に左へ降りていく道があります。この道は車でもいけますが、木の枝や葉で、車の両側はキズまみれになるのを覚悟しなくてはなりません。この道を進めば程なく半倒壊したレストハウスとその奥に半倒壊したトイレがあります。このトイレの手前から右の谷へ降りて行くと滝の左岸に降りられそうです。

しかしどちらからアプローチするにしてもかなり困難ですが、私は右岸を選択しましたの。どちらも急勾配ですが、右岸からのほうがまだ何とかなるような気がしました。左岸からだと足元が見えない草むらの絶壁を降りるイメージです。


どうもここら周辺は園地・散策地として整備されていたようですが、今ではその面影はほとんどなく荒れ放題でした。滝のすばらしさだけは変わっていないのでしょう。もう少しだけでも整備してもらえたらと、ちょっと残念な気分になりました。

下の滝の正面へ出るルートは下流からの遡行ということですが、今回はアプローチが出来ませんでした。

関連記事

スポンサーリンク


2015-06-03 00:01 | カテゴリ: 滝、渓流 |     コメント(0) 記事の編集】 
月額972円(税込)からLTE高速通信が使える「OCN モバイル ONE」登場

グレーチャート

管理者のみに表示する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。