高梁市 備中町 岩谷の滝

IMG_2933_1200.jpg
2015.9.9 : Canon EOS 60D / Tamron SP AF17-50mm F2.8 (A16)


岩谷の滝は普段はほとんど水がありません、雨が降ると滝となって急な山肌を落ちてきます。上の写真でどこにあるか分るでしょうか?、左から、一番目のと二番目の鉄塔の間です。

これを撮影しているのは新成羽川ダムの右岸のトンネルを出た広場からです、あそこに滝があることを知っている人には見える滝です。
滝そのものは、上の滝と下の滝があります。上の滝は落差20mで裏見ができる滝です。下の滝は三段になっていて、上・中段は直下型、下段は斜面を滑り降りる滝で、下段の総落差は40mとされています。

山頂からも滝下からもアクセスできるようです。どちらも厳しいそうですが、滝下からのアクセスのほうがまだ無難だという話。登り口には階段がありますので場所は分ります。金平山「本宮」への登山道です。しかし、それよりも遠望のほうがもっと無難です。見えているのはおそらく下の滝の中段ではないかと思います。

IMG_2930_1200.jpg
2015.9.9 : Canon EOS 60D / Tamron SP AF17-50mm F2.8 (A16)



IMG_2932_1200.jpg
2015.9.9 : Canon EOS 60D / Canon EF-S 55-250mm F4-5.6 IS STM


関連記事

スポンサーリンク


2015-09-13 00:03 | カテゴリ: 滝、渓流 |     コメント(0) 記事の編集】 
月額972円(税込)からLTE高速通信が使える「OCN モバイル ONE」登場

グレーチャート

管理者のみに表示する