スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーリンク


-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告 |   記事の編集】 

新見市 鳴滝

IMG_3212_1200.jpg
2015.9.18 : Canon EOS 60D / Canon EF-S 10-22mm F3.5-4.5 USM


新見の鳴滝は今回で二回めです。前回は2007年でしたから、もう8年ぶりになるでしょうか。久々に来てみた鳴滝の印象は前回と打って変わって非常に整備された美しい場所でした。滝そのものはたいして変わって無いと思います、多少水が多かったなという程度でしょう。
それ以外では道がかなり良くなっていました。車でも通れるようなフラットな道で、立派なトイレのある駐車場から10分もかからない滝見道はとても気持ちのよい環境でした。滝見道から繋がる九十九折れの「七曲」も、前回は荒れていて進む気になれませんでしたが、今回は整備されていましたし、危険を防止する柵がきちんと取り付けられていましたので、安心して登ってみることが出来ました。

鳴滝は、雄滝と呼ばれる三段の滝がメインですが、この滝の下にももう一段下の滝があります。主滝である三段の落差は、上から3m、17m、10mとなっており、連続しています。滝壺のほとりからみると三段目しか目に入ってきませんが、大きな滝壺を渡って左岸に行くと中段が少し見えてきます。よく見えない中段と上段の様子は「七曲」と呼ばれる九十九折れの坂道を登っていくとなんとか見ることができます。狭い岩の間を落ちていく中段の様は、下段の広がるような優雅な様とは反対にかなり迫力があります。

下の滝は上の滝の三段目の滝壺から連続しており、落差は5mほどです。落差はたいしたことないのですが、その周囲の雰囲気は深い緑に覆われて、非常に心落ち着く場所です。

また別の沢から落ちてくる滝があります。水量は少ないのですが、落差は30mとされています。この滝は雌滝と呼ばれ、滝見道の道中でも見ることができますが、七曲を一段登るとさらによく見えます。


雄滝(上の滝)の上段と中段
IMG_3247_1200.jpg
2015.9.18 : Canon EOS 60D / Tamron SP AF17-50mm F2.8 (A16)




雄滝(上の滝)の下段と滝壺
IMG_3191_1200.jpg
2015.9.18 : Canon EOS 60D / Tamron SP AF17-50mm F2.8 (A16)



IMG_3205_1200.jpg
2015.9.18 : Canon EOS 60D / Tamron SP AF17-50mm F2.8 (A16)



IMG_3213_1200.jpg
2015.9.18 : Canon EOS 60D / Canon EF-S 10-22mm F3.5-4.5 USM



下の滝
IMG_3226_1200.jpg
2015.9.18 : Canon EOS 60D / Tamron SP AF17-50mm F2.8 (A16)



IMG_3231_1200.jpg
2015.9.18 : Canon EOS 60D / Tamron SP AF17-50mm F2.8 (A16)



雌滝
IMG_3238_1200.jpg
2015.9.18 : Canon EOS 60D / Tamron SP AF17-50mm F2.8 (A16)



雄滝は遠く雄山(おんぜん)から水を集めて別所川となり、雌滝は剣森山からの水を集めて支流とpなって別所川に流れ込んでいます。

DSCF4665_1200.jpg


関連記事

スポンサーリンク


2015-09-23 00:01 | カテゴリ: 滝、渓流 |     コメント(2) 記事の編集】 
月額972円(税込)からLTE高速通信が使える「OCN モバイル ONE」登場

グレーチャート

管理者のみに表示する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。