真庭市 勝山町 谷山の塩滝

岡山の滝見で紹介されている真庭市勝山町の「谷山川の滝」という1本の滝を見に行こうとしたのですが、滝下から眺めることができずに一旦退散しました。そのときに会った地元の方からいくつかのヒントを頂きまして再訪してきました。

結論から申しますと、谷山川で5本、支流の後谷山川で1本の滝に出会えました。合計6本の滝のうち5本はネット上でも探せなかったので、真庭市に滝の名前について確認したところ「明確な名前はない」ということでした。ということで、地元の方から聞いた話を元に、勝手ながら私が名前をつけて順次紹介させていただくことにいたします。

谷山川の下流から、「谷山の塩滝」、「二段滝」、「谷山大滝」、「谷山小滝」、「黒岩滝」。そして支流の二段の滝は「後谷山川の滝」と名前をつけさせていただきました。

まずは谷山の塩滝、岡山の滝では「谷山川の滝」として紹介されている滝です。落差は約8m、垂直に近い絶壁を勢いよく流れ落ちる美形の滝です。前回はかくかくしかじかで、落ち口のレベル(高さ)からしか眺めることが出来ませんでした。でも、低い滝であっても滝は下から眺めるのが一番です。

IMG_3442_1200_20150930113521777.jpg
2015.9.26 : Canon EOS 60D / Tamron SP AF17-50mm F2.8 (A16)



IMG_3422_1200.jpg
2015.9.26 : Canon EOS 60D / Tamron SP AF17-50mm F2.8 (A16)



改めてアクセスですが、国道181号から谷山橋を渡って江川谷山集落へ入ります。集落を抜け、一番奥の鶏舎を過ぎると舗装が途切れます。ここから左の山沿いの林道を登ります。この林道は比較的多くの退避場もありますし旋回場もありますので、かなり奥まで車で行けます(4WD必須)。しかし運転に自信なければ車は林道手前で乗り捨てて、歩いて行ったほうが無難です(私も最初は歩きました)。

林道に入るとすぐに右手に大きな砂防ダムが見えてきます。これを通り過ぎて登り続けると右下方向に伸びる道と分岐します。この車が通れそうで轍も確認できる立派な道を歩いて沢方向に下ります。車ではダメです、歩いて行って下さい。沢レベルまで降りると、沢には入らずに少々のヤブコギをして右岸を上流に向かいます。小さな砂防ダムを過ぎたら沢に出て、そのまま沢を進んでいけば程なく谷山の塩滝とご対面することが出来ます。

ちなみにこの滝に、林道から谷にアプローチをしようするのは辞めたほうが賢明です。

関連記事

スポンサーリンク


2015-10-02 00:01 | カテゴリ: 滝、渓流 |     コメント(0) 記事の編集】 
月額972円(税込)からLTE高速通信が使える「OCN モバイル ONE」登場

グレーチャート

管理者のみに表示する