スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーリンク


-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告 |   記事の編集】 

鏡野町 羽出川の滝マーク探索

map_hadeRiver.jpg
2015.10.22 : iPhone5S / FieldAccess2


そもそも電子国土に掲載してある滝マークは、誰が申告して誰が認定しているのか、全く知らないので国土地理院に電話で確認しました。申告・調査・認定に対して明確な手順があるわけではないそうですが、一定の基準はあるようです。
ここで、一律こうですということを表現するのは困難なので詳細は割愛しますが、「滝マークがあるのに行ってみたら滝がないよ」という場合は、個人であっても直接国土地理院に情報提供してくれたらいいということでした。その情報に対する調査とか、記載の修正は、個別に検討され妥当であれば訂正したいということでした。以前一度、電子国土の表示に問題があったとき、地理院側のサーバーの地図データに問題があると推測されたので電話でその旨申し上げると、翌日には訂正されていました。
滝があるのにマークがない場合の対応はまた別のようなので、今回は確認しませんでした。現時点で若桜町の久曽木の大滝は滝マークが入りましたが、若浪川のほうには滝マークが入っていません。


さてここからが本題です。かねてよりお気づきの方は多いと思いますが、電子国土の地図上で鏡野町の羽出川には4つの滝マークがあります。しかし羽出川の場合、通常話題になるのは2ヶ所だけで、残りの2ヶ所が話題になったという記憶がありません。ということで、実際に滝マークの位置に行きそこに見えるものを撮影してきました。


1番目の地点です。滝といえば滝といわれてもいいかなという感じです。名前があるとか、伝説があればいいのでしょうけど現在のところ滝とはしておりません。
IMG_4161_1200.jpg
2015.10.22 : Canon EOS 60D / Tamron SP AF17-50mm F2.8 (A16)



2番目の地点です。ご存知唐音の滝です。夕方5時過ぎていたので、上方からの手抜き撮影です。滝の前に下りるには結構難儀していましたが、なんだかそれらしい道が出来ているような気配でした。
IMG_4162_1200.jpg
2015.10.22 : Canon EOS 60D / Tamron SP AF17-50mm F2.8 (A16)



3番目の地点です。ご存知二軒屋の大滝です。道の上からだと、こんな風にしか見えません。唐音の滝に比べ滝の前まで行くのは難しくありませんが、急いでいたので手抜き撮影です。
IMG_4165_1200.jpg
2015.10.22 : Canon EOS 60D / Tamron SP AF17-50mm F2.8 (A16)



最後の4番目の地点です。これはさっぱり分りません。まずは橋の上から撮ってみたのが一枚目。これではあんまりだろうと、100mほど上流のブッシュから少しだけ降りて撮った急流が二枚目。どう見ても滝には見えません、もしかすると滝になっていた岩が崩れてしまったという事も考えられますが、少なくとも現在ではこの4番めの滝マークは?だといわざるを得ません。
IMG_4167_1200.jpg
2015.10.22 : Canon EOS 60D / Tamron SP AF17-50mm F2.8 (A16)



IMG_4169_1200.jpg
2015.10.22 : Canon EOS 60D / Tamron SP AF17-50mm F2.8 (A16)


鏡野町にはもう一箇所話題にならず不明な滝マークがあるのでそのうち確認してきます。

関連記事

スポンサーリンク


2015-10-24 00:01 | カテゴリ: 滝、渓流 |     コメント(0) 記事の編集】 
月額972円(税込)からLTE高速通信が使える「OCN モバイル ONE」登場

グレーチャート

管理者のみに表示する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。