スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーリンク


-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告 |   記事の編集】 

鳥取県 琴浦町 鱒返しの滝

鱒返しの滝は落差約50mの滝です。お一人様専用のゴンドラのような滝見台から正面に遠望することができます。滝見台は、船上山ダムの北にあり勝田川の橋(鱒返滝橋)の傍につちのこのような図案の案内板があるのですぐに分ります。橋の近辺の駐車スペースに車を停めて、滝見道を約15~20分歩くと到着です。

滝見台から眺めるその形は独特であり、ユーモラスでもあります。水量が多ければ一面真っ白になるのですが、少なければ筋肉のスジが浮き上がったような感じの様になります。

また滝見台には斜面からロープが垂らされています。これを登っていけば鱒返しの滝の上流の一枚岩渓谷から、滝の落ち口まで行けるようです。ネット上には、この滝の落ち口からの写真を探すことが出来ます。私は写真を拝見するだけで満足させてもらおうと思います。

今回は、滝身ををきちんと写そうとすると滝つぼが写らない、滝つぼを写そうとすると滝身を枝に邪魔される、なかなかよいアングルが取れませんでした。今回が二回目の訪問ですが、以前は枝を整理してもらっていて滝つぼと二段目が綺麗に見えていたのですけどね。

IMG_4172_1200.jpg
2015.10.24 : Canon EOS 60D / Tamron SP AF17-50mm F2.8 (A16)



IMG_4174_1200.jpg
2015.10.24 : Canon EOS 60D / Tamron SP AF17-50mm F2.8 (A16)



IMG_4170_0600.jpg


DSCF5101_0600.jpg



この滝は、案内板には三段の滝とされていますが、二段の滝とも言われます。この滝の滝壺はおちょぼ口のように小さいのですが、二段目の滝壺は広くて立派な滝壺のようです。ところが三段目は落差もなく渓流で、それに続く淵がすごく立派なので「2段の滝+一つの淵」と見立てるほうがよいのではないかという考え方です。

そういうことなら、是非自分もそれを見に行こうと思うのですが、どうやら危険極まりないルートしか無いということです。ネットを探せば写真を掲載してくれていますので、私たち素人は問答無用で展望台から眺めるだけにしておくのがよろしいと思います。その代わりと言ってはどうかとも思いますが、三段目とされる大きくて立派な滝壺の下流には、さらに15m近い滝が落ちているということです。その滝(鱒返りの下の滝と呼ばれています)の難易度はどうか?、まあ何とかいけないことはないようです。

関連記事

スポンサーリンク


2015-10-26 02:48 | カテゴリ: 滝、渓流 |     コメント(0) 記事の編集】 
月額972円(税込)からLTE高速通信が使える「OCN モバイル ONE」登場

グレーチャート

管理者のみに表示する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。