スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーリンク


-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告 |   記事の編集】 

鳥取県 三朝町 塚谷の滝

IMG_4784_1200.jpg
2015.11.12 : Canon EOS 60D / Canon EF-S 10-22mm F3.5-4.5 USM


塚谷の滝(つかんだにのたき)は三朝町の中津にあります。1997年に日本山岳会によって確認されたと言われる落差15m程度の滝で、まっすぐに落ちてくる見栄えのよい滝です。山奥にある割には上空は完全に開けていますので、時間帯を選ばないと滝身に直射日光が差してしまいます。


IMG_4794_1200.jpg
2015.11.12 : Canon EOS 60D / Canon EF-S 10-22mm F3.5-4.5 USM



IMG_4789_1200_201511170213003af.jpg
2015.11.12 : Canon EOS 60D / Canon EF-S 10-22mm F3.5-4.5 USM



アクセスですが、決して厳しくはありません。小鹿渓の奥の中津ダムのまだ奥に何件かの集落があります。その集落を超えて車幅が狭くなった先の橋を渡ってすぐ右へ、コンクリート敷きの道から歩き始めます。車は橋の手前に停めておくのがいいでしょう。ここから歩いて約800m、全く道に迷わなければ15分で十分到着です。私は往路は20分、帰りは15分でした。

渡った橋の下は小鹿川で、目指す滝は小鹿川に注ぎ込む支流に落ちています。その支流は、コンクリート敷きの作業道路を進むと左手に見えます。急いで入渓せず、作業道路をまっすぐ進んで右へカーブするあたりからそのまままっすぐあぜ道を進み杉林に入ります。沢の音を聞きながら進んでいくと、滝らしい音が聞こえてきますので適当なところで沢に下りれば到着できます。

早い段階で沢に下りてもよさそうですが、私は入渓は最後にしました。


IMG_4798_1200.jpg
2015.11.12 : Canon EOS 60D / Canon EF-S 10-22mm F3.5-4.5 USM



IMG_4805_1200.jpg
2015.11.12 : Canon EOS 60D / Tamron SP AF17-50mm F2.8 (A16)


ちなみに中津を立ち去る頃はとっぷりと日が暮れていました。滝から中津ダムまでのあいだに、明りが灯った民家を二件確認できました。平家の隠れ里だったのかもしれないと言われるこの地に思いを馳せて中津を後にしました。中津の夜は星が綺麗です。

関連記事

スポンサーリンク


2015-11-20 00:01 | カテゴリ: 滝、渓流 |     コメント(0) 記事の編集】 
月額972円(税込)からLTE高速通信が使える「OCN モバイル ONE」登場

グレーチャート

管理者のみに表示する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。