スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーリンク


-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告 |   記事の編集】 

鏡野町 槍滝

IMG_6631_1200.jpg
2013.5.17 : Canon EOS 60D / Canon EF-S 18-135mm F3.5-5.6 IS



IMG_6635_1200.jpg
2013.5.17 : Canon EOS 60D / Canon EF-S 18-135mm F3.5-5.6 IS



IMG_6623_1200.jpg
2013.5.17 : Canon EOS 60D / Canon EF-S 10-22mm F3.5-4.5 USM



IMG_6646_1200.jpg
2013.5.17 : Canon EOS 60D / Canon EF-S 18-135mm F3.5-5.6 IS



♪あれは三年前~~、そう、ここの滝を目指したのは二度目です。槍滝は上斎原村の滝で、アクセスはちょっと分りにくいです。3年前の8月、かなり探し回ったのですが見つけられませんでした。今にして思えば滝まで100mというところで断念しておりました。

滝は四段になって曲がりくねって流れ落ちてきています、高さは30mくらいはあるでしょう。二段目はよく見えないのですが、水量があれば下から眺めてもよく分るほどに手前にこぼれ落ちてくるようです。

周囲の雰囲気も鬱蒼としていていい感じ、苔もまずまず綺麗、日が差しこめば美しく光ってくれることでしょう。今回はすんなり到着できたのですが、それでも17時と遅く、光線的にはあまり好い条件ではありませんでした。滝そのものの撮影には、曇りとか、日が差し込まないのは都合が良かったのですが。

前回来たときにはよく分ったのですが、ここは上流から吹き降ろす風がとても冷たくて気持ちがよろしいです。特に夏場は冷風が吹き降ろしてくれるようで、エアコンなどよりよほどいい気持ちになることが出来ます。

またこの滝の上流にも滝があるようです、今回は時間の関係で自重しました。




さてアクセスは、危険なところはほとんどありません。
ただ、砂防ダムを越えていきますので、少々難儀ではあります。砂防ダムの手前が結構なブッシュでして、前回は砂防ダムを越えられずに(気持ちが萎えて)引き返しました。砂防ダムの左岸を越えさえすればフラットな獣道を100mも歩けば到着です。

砂防ダムの目の前まで、車で行くことは可能です。私は行きましたが、次に行くことがあれば多分歩いていきます。キズなんかまったく気にしない!、と言われる猛者でしたら止めはしませんが、どうなっても知りません。私の車は擦り傷まみれです (xx)


国道179号線から国道482号線へ入り、最初のT字路を右折し、大木山川の右岸の林道を約1km登ると左に車を停めるスペース、斜め右に入るオフロードがある。これを斜め右に入り最初のY字を左へ進むと砂防ダムがある。そしてこの左岸を強行に越えていきます。

関連記事

スポンサーリンク


2013-05-21 03:49 | カテゴリ: 滝、渓流 |     コメント(8) 記事の編集】 
月額972円(税込)からLTE高速通信が使える「OCN モバイル ONE」登場

グレーチャート

管理者のみに表示する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。