スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーリンク


-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告 |   記事の編集】 

ホタル三昧 2013 #1

sr20130606-5D2-10_1200.jpg
2013.6.6 : Canon EOS 5Dmark2 / Canon EF 50mm F1.4 USM



sr20130606-60D-10_1200.jpg
2013.6.6 : Canon EOS 60D / Tamron SP AF17-50mm F2.8 (A16)



今年もこの季節になってきましたが、なかなか撮影にいけません。少ない回数ならより確実な場所へ行けばいいものを、まだ行ったことのない湯郷を訪れてみました。

湯郷温泉街からさほど遠くない大谷川公園の中を流れる大谷川に沿ってホタルが生息しています。

実は当日の未明、朝 3:30 にロケハンに来てみました。
sr20130606-60D_0600.jpg

3:30~3:50 位の間で、正味7分の露光です。


通常ゲンジボタルは夕方20時前から飛び始め、22時遅くても24時にはほとんど飛ばなくなります。でもここのホタルは空が白み始めるまでそこそこ飛んでいました。

期待を持ってこの日の夕方19時に到着してセッティングを初め、20時前から撮影を開始しましたが、あまり元気に飛んでいません。それよりも温泉の客が来るわ来るわ、ほんでもってライトをつけて川面を照らす、コンデジでストロボを焚いて写真を撮ろうとする、携帯のカメラで撮ろうとする、子どもが橋の上ではしゃぐ、三脚を蹴られそうになる。

まあこんなところでこの時間に撮ろうとすること自体が無謀だったようです。30分もしないうちにそそくさと退散してしまいました。まあ私のような者のことは気を使ってもらうことはないのですが、ホタルのことはもう少し気を使ってあげてもいいのになぁ、と思いながらも誰を注意するわけじゃなし、無言で引き揚げました。

ここのホタルは上野のパンダみたいなものなのでしょうか。さしづめ客寄せホタルといったところか、とりあえずチョロチョロっと顔だけ出して愛想だけしておいて、おそらく深夜になってから活動が活発になるのではないでしょうか。確認しようかとも思いましたが、やめました。またチャンスがあれば24時ごろに行ってみます。たぶん、ブンブン飛んでいると思います。

関連記事

スポンサーリンク


2013-06-07 03:17 | カテゴリ: 夏の風物詩:ホタル |     コメント(6) 記事の編集】 
月額972円(税込)からLTE高速通信が使える「OCN モバイル ONE」登場

グレーチャート

管理者のみに表示する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。