スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーリンク


-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告 |   記事の編集】 

鳥取の滝10選

近隣の滝巡りはひと区切りつけようと思いますので、個人の主観的趣味・嗜好による鳥取の滝10選をご紹介したいと思います。感動の大きさは、アクセスの困難さに比例するところがありますので、必ずしもどなた様にもお勧めするものではありません。

また好みと言っても、必ずしもベストなタイミングで訪問できたわけでもありませんし、水量や周囲の状況に満足できなかったことも多いです。さらに、県内の全ての滝を見てきたわけでもありませんので、今後変化していく可能性はあります。

IMG_4431_1200.jpg



▲ 若桜町
久曽木大滝http://can1833.blog.fc2.com/blog-entry-209.html
落差60m、苦難のアクセスは感動をより大きくします。8年経った今でも強烈な印象が蘇ります。

大鹿滝http://can1833.blog.fc2.com/blog-entry-479.html
落差22m、裏見もできるし水量豊富で豪快な直瀑。

雲龍の滝http://can1833.blog.fc2.com/blog-entry-481.html
落差25m、アクセスがきつい分だけ出合った時の感動は非常に大きい。迫力、水量、どちらも満足できる滝です。

▲ 鳥取市
筥滝http://can1833.blog.fc2.com/blog-entry-645.html
落差40m、見栄えは県内一番かと。

石井谷の滝http://can1833.blog.fc2.com/blog-entry-528.html
落差25m、周囲の原生林がなんともいえない異空間を演出。

三滝千丈滝http://can1833.blog.fc2.com/blog-entry-203.html
落差70m、鑑賞ポイントが少ないのが難点ですが、見事なロケーションです。

白糸の滝http://can1833.blog.fc2.com/blog-entry-735.html
落差80m、現時点で自分の中ではナンバーワンの滝。とにかくすばらしいのひと言。

▲ 倉吉市
笹ヶ平不動滝http://can1833.blog.fc2.com/blog-entry-712.html
落差50m、100m弱の急斜面を下っていく必要がある。迫力満点。

▲ 琴浦町
船上山千丈滝http://can1833.blog.fc2.com/blog-entry-230.html
落差100m級の滝が二本並んで落ちる。水量には難があるので雪融け時期がチャンス。

崩落前の大山滝http://can1833.blog.fc2.com/blog-entry-178.html
落差40m、立派な二段の滝でしたが、現在は崩落で無残にも一段の姿に。


次点:
妙円滝:落差20mの美瀑
馬場の滝:落差17mの美瀑
中津夫婦滝:落差10mが2本

とりあえず鳥取の滝はひと段落です。まだ気になっている滝や、水量のあるときに再訪したい滝があるにはあるのですが、まあそこはそれ、またおいおいに。

関連記事

スポンサーリンク


2015-12-25 00:01 | カテゴリ: 滝、渓流 |     コメント(0) 記事の編集】 
月額972円(税込)からLTE高速通信が使える「OCN モバイル ONE」登場

グレーチャート

管理者のみに表示する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。