スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーリンク


-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告 |   記事の編集】 

軽アイゼンを買いました

IMG_5677_1200_2016010401023122d.jpg
2016.1.3 : Canon EOS 60D / Canon EF-S 18-55mm F3.5-5.6 IS STM


以前から気になっていた軽アイゼン(トレッキングシューズの上から装着できるアイゼン)を購入しましたのでちょっと試してきました。片足分の重量が約200gです、数字で見ればたいしたことはないですが、実際装着して歩いてみるとずっしりきます。

本来アイゼンというのは、凍った雪上を歩く時に使用するものです。爪の数も12本から4本までいろいろあるようですが、私はとり扱いが簡単なモンベルのチェーンスパイクを買ってみました。小さくて短い爪が10本装着されています。
http://webshop.montbell.jp/goods/disp.php?product_id=1129612


本来は氷の上で使うということは知っているのですが、普段はスパイク長靴を使っている事もあり、斜面の作業では軽アイゼンを装着して作業している人もいるということを知り、非常用に急斜面でどのくらい使えるものか試しました。土の上ならある程度グリップが効きますので、ゴムの靴底よりはかなり安定します。しかしこれが斜度45度くらいになるとどうなるものか、靴をゴムで覆っているだけなので、谷へ向かう急斜面ではちょっと厳しいかもしれません。そんなときは、別の靴ヒモで足の甲の上からチェーンが外れないように補助しておいたほうがよさそうです。

岩の上では怖いです、スパイク長靴のような安心感はないです。ですので、土の急斜面専用です。幸いなことに脱着は簡単で、10~20秒で装着可能、脱ぐのは5秒でOKです。

トレッキングシューズで滝へ行く時にはできれば携帯しておこうと思います。





サイズは4種類、それぞれ色分けされています。

サイズ:
・オレンジ(XS/.20.5〜23.5cm)、
・レッド(S/23.0〜26.0cm)、
・ブルー(M/25.5〜28.5cm)、
・ネイビー(L/28.0〜31.0cm)

関連記事

スポンサーリンク


2016-01-04 01:15 | カテゴリ:散財日記・お試し記録 |     コメント(2) 記事の編集】 
月額972円(税込)からLTE高速通信が使える「OCN モバイル ONE」登場

グレーチャート

管理者のみに表示する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。