スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーリンク


-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告 |   記事の編集】 

和気アルプス 槍ヶ峰

天気が崩れそうにないので、またまた和気アルプスに行ってまいりました。本日の全行程は9.4km、所要時間は4時間、ということでした。

前回はトレースをしていなかったので、今回 iPhone の FieldAccess でトレースをしてみました。ルートは前回とほぼ同じです、違うのは槍ヶ峰に寄ったことと白岩様を降りようとしたこと。白岩様はムリ、降りるのは絶対にムリ、端のほうなら何とかなるかもしれませんがいきなりはムリ。ムリムリムリ、てっちゃんです。今度下から様子を見てからまた考えます。

iPhone_20160205.jpg


上のマップはクリックすると拡大します、iPhone のスクリーンキャプチャー(ハードコピー)そのままです。
今回はちょっと気になる「槍ヶ岳」ならぬ「槍ヶ峰」に寄りました。穂高を通ったらどうしても「槍」は気になりますよね。あまり期待はしていなかったのですが、どうしてどうして聳え立つ岩の急登りは一瞬ドキッとしました。槍っぽいです。

DSCF6331_0600.jpg



DSCF6325_0600.jpg


槍は登る山か見る山か、ここ和気アルプスの槍は昼飯にちょうどいいピークでした。景観がよいということを聞いていたのですが、他で見る景色とたいして変わりません。と思ったのですが、じっと見ていると、遠く最初に登った和気富士のピークから歩いてきた稜線がものの見事にすべて見えます(これはちょっとぐっと来ます)。そして竜王山のピークとそれに続く稜線がくっきりと浮かび上がっています。なかなかよい景観です、納得しました。


DSCF6328_0600.jpg


マップを睨んでいたら、「槍」の北に「剣」があります。もし「つるぎ」と読むのなら、行かずにはおれません。白岩様の様子を観察することと、「剣」に行ってみること、この二つの課題を持って、また近いうちに行ってくることにします。


和気アルプスは「眼下に雲が見えずに町が見える」、「森林限界を確認できない」、といった問題がありますが、お手軽に楽しめるハイキングコースとしてはお勧めのコースです。

関連記事

スポンサーリンク


2016-02-05 18:40 | カテゴリ: 山、森林 |     コメント(0) 記事の編集】 
月額972円(税込)からLTE高速通信が使える「OCN モバイル ONE」登場

グレーチャート

管理者のみに表示する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。