スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーリンク


-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告 |   記事の編集】 

岡山県 美咲町 清滝

IMG_6323_1200_201604191728121cf.jpg
2016.4.18 : Canon EOS 60D / Canon EF-S 10-22mm F3.5-4.5 USM



IMG_6305_1200.jpg
2016.4.18 : Canon EOS 60D / Tamron SP AF17-50mm F2.8 (A16)



IMG_6310_1200.jpg
2016.4.18 : Canon EOS 60D / Canon EF-S 10-22mm F3.5-4.5 USM



美咲町(旧中央町)にある清滝は、落差12m、二段の滝です。端正な滝姿は美瀑といえるでしょう。同規模の滝では、津山市加茂町の水井の滝津山市の塩谷の滝と合わせて、兄弟滝と捕らえたいところです。

ほとんど人は入っていないようで、事前情報をゲートボール場に集まっている皆様に伺ったところ、滝の存在を知っている人はお一人でした。

アクセスは少々厳しいといえるでしょう。
まずは県道70号線に入って(北の打穴(うたの)からでも、南の建部町鶴田(たずた)からでもかまいません)、打穴上の宮代神社を目指します。境内の道を挟んだ反対側に広場がありますのでここに停めさせてもらいます。神社の東側にある西北西から落ちてくる沢に向かって歩きます。最初は左岸のコンクリート道から入り、すぐにグラスロードとなります。
DSCF6991_0600.jpg




このグラスロードを進むと、程なく沢の上を横切って右岸に移り、砂防ダムの前まで作業道路としてつながっています。この砂防ダムを右岸側から越えてからは沢歩きです。両岸のヤブの中を歩くよりは楽でしょう。
滝までの距離は遠くないですが、小滝を4つ越えなくてはなりません。直登するか巻くか、3~5m程度の滝ですのでどちらでも大して問題はありませんが、滑りやすいので注意しましょう。


一発目、難なく直登で越えられます。
DSCF6986_0600.jpg



二つ目、巻いてもいいですが、せっかくだから楽しく直登しました。
DSCF6972_1200.jpg



三つ目、倒木が邪魔ですが登ってくださいといわんばかりの滝。
DSCF6974_0600.jpg



最後、これを越えれば本滝は目の前です。登るのは登れても、下りが心配です。ロープがあれば安全に降りられますがもっていなかったので、ここは敬意を表して左岸を巻きました。
DSCF6985_0600.jpg



実は私、いきなり沢沿いのあぜ道を通ったり、かなり手前から入渓して少々手間取りましたので、Pから滝まで30分かかりました。砂防ダムから入渓できていたら20分で到着できていたでしょう。

関連記事

スポンサーリンク


2016-04-21 00:01 | カテゴリ: 滝、渓流 |     コメント(2) 記事の編集】 
月額972円(税込)からLTE高速通信が使える「OCN モバイル ONE」登場

グレーチャート

管理者のみに表示する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。