スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーリンク


-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告 |   記事の編集】 

熊山 弓削コース~反射板コース

map_20160422.jpg


本日もトレーニングで熊山へひと登り、いつもと違うコースに行きたいと思いながらも、とりあえずいつもの弓削コース登り口へ。そのまま登って行き、いつもはスキップする「経盛山(清盛山)」ピークへ行ってみようと思いました。この山の標高は504m(熊山が509m)とそこそこの高さがありますので、トレーニングとしては熊山に登ったのと同じようなものです。

車に乗っていても一番目立つ赤と白に塗られた鉄塔があるピークです。ここから元に戻ろうかどうしようかと思案していると、このまま行けば反射板コースというのがある言うことなので、恐る恐る進みました。立派な反射板がありました。

ここまで来たらもう戻る気はなりません、そのまま行く(下る)ことにしました。しっかりと赤いテープが貼られていましたので、道迷いの心配はなかったです。しかし、所々激下り(急斜面)があって少々危険とも感じました。特に熊鷹山から先は、論山に匹敵するような急斜面でした。このルートを登ろうとは思えませんでした。

そのまま大谷八幡宮まで降りてきて、スタートポイントまで歩いて戻りました。

ルートは少々難儀ですが、経盛山からの眺望はお勧めできるものでした。眺望に関しては熊山の道中では知る範囲最もよいポイントではないかと思います。

IMG_2879_0600.jpg
弓削登山口



IMG_3104_0600.jpg
経盛山(清盛山)到着



IMG_3109_0600.jpg
経盛山(清盛山)からの眺望



IMG_3116_0600.jpg
高圧鉄塔奥の反射板コース入口へ



IMG_3119_0600.jpg
大きな反射板



IMG_3121_0600.jpg
6m x 6mの大きさだそうだ、平成5年12年完成



IMG_3122_0600.jpg
反射板コース途中の「三つ岩」



IMG_3131_0600.jpg
熊鷹山へ到着



IMG_3133_0600.jpg
熊鷹山から下山の途中にあった大岩



IMG_3134_0600.jpg
下山途中の眺望



IMG_3135_0600.jpg
下山途中の眺望



IMG_3142_0600.jpg
大谷八幡宮、忠魂碑の前に降りてきた



IMG_3149_0600.jpg
山陽本線と山陽高速道路


関連記事

スポンサーリンク


2016-04-23 03:26 | カテゴリ: 山、森林 |     コメント(0) 記事の編集】 
月額972円(税込)からLTE高速通信が使える「OCN モバイル ONE」登場

グレーチャート

管理者のみに表示する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。