スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーリンク


-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告 |   記事の編集】 

熊山 本四連係コース

IMG_0333.jpg


2016.5.8 の記録です。トレーニング目的ではありますが熊山にももう12回も登っていると、同じコースになることは否めません。でも毎度同じコースでは面白くありません。今回は、熊山駅前から最短コースで山頂に登り、帰りはそのコースの途中から東北方向に分岐する「本四連係コース」と呼ばれる鉄塔を繋ぐコースを通りました。

この本四連係送電線は、J-Power(電源開発)が設置した送電線の塔で、瀬戸大橋の麓の鷲羽山から児島半島を縦断し、小串辺りから対岸の久々井へつながり瀬戸内市を北へ進み備前香登から熊山を突き抜けて和気外国山につながっている送電線です。
http://tower.30maps.com/map/425239

送電線の塔があれが、必ずそれをメンテナンスするための道があります。今回のルートはその送電線のメンテナンス道で、今回歩いた範囲では特に問題のない登山道でした。


熊山駅最短コースの六合目あたりの東屋。展望はあまりよくない。
IMG_3241_0600.jpg



私の熊山頂上の熊山神社
IMG_3244_0600.jpg



熊山遺跡、小ぶりな石積み遺跡はいくつかあります
IMG_3247_0600.jpg



車道と登山道が交わる五合目の公園
IMG_3240_0600.jpg



本四連係コース道中からの展望、吉井川にかかる山陽自動車道と白稜高校
IMG_3259_0600.jpg



歩いたルートを振り返り、稜線ではなく連なる送電線を望む
IMG_3261_0600.jpg


関連記事

スポンサーリンク


2016-05-12 16:19 | カテゴリ: 山、森林 |     コメント(0) 記事の編集】 
月額972円(税込)からLTE高速通信が使える「OCN モバイル ONE」登場

グレーチャート

管理者のみに表示する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。